2017 / 04
≪ 2017 / 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2月14日日曜日。
子ども会のインリーダー研修会で、
「逃走中」をやった。

鬼ごっこ的なものがすこぶる苦手な長女。
「逃走中とかありえんし!絶対来年はせんけぇね!!」
とちょっとご機嫌ななめ。
「ありえんのんじゃったら参加せんかったらええじゃん」
「それはだめ。インリーダー研修には絶対参加!!」
そのこだわりの意味がわからん・・・
来年度はジュニアリーダーで残るんだとさ。
あんたに世話される子どもたちがかわいそうだわ。

さて、長女はさておき、逃走中。
なかなか難しかった!

最初は、木の枝などに吊るしてある
白の紙の指令をこなす。
10時20分までに、金色のどんぐりを10個集めて、
青ジャンバーと赤バンダナの人間(役員ですな)に渡す。
そこで、2枚目の赤の指令書をもらう。

2枚目は、10時40分に青ジャンバーの人間とジャンケンをし、
勝ったら、3枚目の指令書をもらう。
負けたら、別の青ジャンバーの人間を探して再びジャンケン。

3枚目の青の指令書は、
番号の紙が入っている、ガチャポンボールを1つ以上見つけて
くすのきの下のミニーちゃんのところへ行く。
それでゴールだ。

この指令書も解釈がまちまちで困った。
どんぐりを持って来たら、すぐに指令書を渡していいのだと
思っていたら、20分にならないと渡したらいけんだとか、
20分から40分の間でジャンケンかと思ったら、
40分から一斉にジャンケンだとか・・・
まあ、それは後で統一してなんとかなったが。

問題はハンター。
中学生のジュニアリーダーと、
一部インリーダーがなっているのだが、
逃亡者とほぼ同じ人数いて、
しかもハンターも商品券がかかっているので、
捕まえるのに必死。
5人ぐらいで1人の逃亡者をはさみうちにしたりね。
だから、あっという間にほぼ全員つかまっちゃった。

これではいかんと、2枚目の指令から仕切りなおし。
ハンターを半分ずつにして、
5分ごとに交代するようにし、
はさみうちもなしとか、
色々ルールを増やした。

結局、ゴールできたのは3名。
ゴールした子には、近所のショップの商品券を進呈~。
あと、ハンターの子は、3人以上逃亡者を捕まえたら
同じく近所のショップの商品券。
こちらも3名だったかな。

あと、3枚目の指令でとったガチャポンに入った数字の
数だけ、みんなコインチョコレートをもらった^^
バレンタインデーだもんね。

最後に、カレーライスと焼きマシュマロを食べて
解散!

アクシデントもあったが、
なかなか楽しい企画だった。
来年もするんだったら、ハンターの人数を減らして、
本格的に、グラサンとかかけさせたりしたら雰囲気出るかも♪♪

2月13日土曜日。
学区役員会があった。

今回の役員会は、最初の30分で部会を行い、
その後、新役員との顔合わせをする予定だった。
しかし、部会がちょっとのびちゃった・・・
まあ、これはしゃあないかな。毎年の事だ。
今年度の活動報告のチェックを入れるのに、
時間がかかっちゃうんだよね。
他に、来年度、専門員で残る人のお返事をもらう予定だったけど、
それはメールでお返事くださいってことにした。

そして、新役員顔合わせ。
いつもは自己紹介をして、
年間活動案と予算案の役員内の承認をもらい、
引継ぎをする人はするって流れだが、
今回初めて、サマーキャンプとナイトシアターの
説明会をしてみた。

新役員さんって、4月の第1回の役員会で、
サマーキャンプとナイトシアターを
しますか?しませんか?という決定をしなければならないのだが、
その行事に参加した事のない役員さんも多く、
(私もそんな役員の1人だった)
なんかわからんけどずっとしてるんなら
しないといけないんじゃない?的雰囲気になって
続行するのだが、
それ以降、ずーっとわけわからんまま
準備に追われ、
終わった頃に、やっと内容がつかめたという感じになる。
だからせめて、その4月の役員会までに、
これまでやってきたサマーキャンプって
どんなもん?っていう情報を入れておこうと思って
説明会というのを設けた。

このサマーキャンプの説明ほど難しいものはない。
だから、今回は、資料を一工夫。
ごくごくシンプルな2日間の日程と内容を一枚。
ごくごくシンプルな当日までの準備の流れを一枚。
ごくごくシンプルな担当分けの表を一枚。
今年度の反省会のまとめを二枚。

そして、昨年度、専門員のKさんという方が
初日の受付から2日目の閉村式までの様子を
どこも見逃さず撮っている写真を用意。

更に、今年度の、本部やら
トイレの汚物いれやトイレットペーパーの設置の仕方、
夕食のセッティングの仕方、
集めるダンボールの量やら、ダンボールハウスの
男女の特徴などを、写真入りで何枚かにまとめた。

あとは、来年度の執行部さんにまかすわぁ~~♪

とりあえず説明会はできたし、
あとやることは、3月の役員会(慰労会じゃな)と、
総会の準備と、
市の助成金申請(実はこれが一番心配なんよ・・・)、
それから、引継ぎだけだ。
ラストスパート~~~~!!!

ミンチものは、餃子・ハンバーグ・ミートソース等々
大抵手作りするじゃいこだが、
ロールキャベツなるものは、
結婚してから1度しか作った事がない。

なんでだろうと考えたところ、
あの、「キャベツの葉を一枚一枚はぐ」という作業が
嫌いならしい。

生で剥ぐと、途中で破れたりするので、
大抵丸ごとゆでてから剥ぐでしょ。
丸ごとゆでたらさぁ、キャベツ1玉全部使わんといけんじゃん。
はぁ?キャベツまるまるなんか使わんしぃ~~!
というのも、理由の一つだったりする。

土曜日、関西風お好み焼きをするのに、春キャベツを使った。
何を思ったか、一枚一枚剥いでみたくなった。
すると、綺麗に剥げるではないかぁ~。
で、春キャベツなので、中身がそんなにない。
お、これはいけるかも?と、
7枚くらい綺麗に剥いでとっておき、
中の残りをお好み焼きに。

で、日曜日。とっておいたはっぱで結婚して2度目の
ロールキャベツに挑戦~~~♪

じゃいこの怖いところは、
全くわからないものに関しては、レシピを検索して作るが、
うるおぼえのものは、うるおぼえのまま適当にしてしまうところ。
ロールキャベツの中身~~?肉団子でしょうよ。
たまねぎでもきざんどけばええんじゃない?
味付け~?適当適当。
スープ~~?適当適当。
なんか未使用のトマトピューレなんかあるから、
それでも使ってみるかぁ~~。
あ、なんか酸っぱいから、子供に受けないなぁ。
砂糖砂糖~~~♪みたいな・・・
かんぴょうなんてしゃれたものはないから、
爪楊枝で止めるし。
(これは、おでんのもちきんちゃくも一緒だけど。。。)

さあ、完成よぉ~~!
お味は?
好評~~~~♪
また気がむいたらしよう。
(その時はまたスープの味が変わってるだろうな・・・)

2月7日日曜日。
子どもフェスティバルのステージ発表本番だ。

信じられない事に、あふぉ次女が
水曜日に右足を捻挫して、タップダンス、出られなくなった。
ほんまあふぉすぎる。

土曜日、午前中は小学校体育館で練習。
保護者も、タップ板準備の練習。

午後から会場でリハーサル。
保護者的には、
このリハーサルでのばみりが山場だったりする。

ばみりテープを急遽小さいもんからながーいもんに
変えたために、もたついて、準備が遅れた。
おかげで、子どもたちのタップは最後までリハーサルできなかった。
その上、先生が舞台の業者さんと打ち合わせしていたことが
伝わっていなくて、先生、業者さんにくってかかるしw

本番当日。
午前中は体育館で最後の練習。
相変わらず保護者もタップ板準備の練習。
もうばみりテープが貼ってあるので、
2分台で板を敷き終わる事ができるようになったが・・・

今回、人手が多い方がいいということで、
ダンナを準備の手伝いに連れてきた。
こういう保護者の集まりにダンナを連れて行くのは初めて。
きっとおーとなしくしとるんだろうなと思いきや、
「効率が悪い」とダメ出ししてきやがったww

台車が2台しかないのだが、そこへ
大勢が群がるので、時間がもったいないじゃとか、
1列目を並べる時に、2列目も同時進行してくれんと、
一番後ろの3列目が敷けんじゃとか、
言う言う。

で、台車が少ないならわしが貸すと、
倉庫から仕事用台車を持って来た。
2列目問題は、私が皆に伝え、修正。

まあええ傾向じゃねぇ。
Kパパさんとよぉ喋りよったし、
おやじの会の勧誘されるかもねぇ。
そうやってこっちの世界にお入りwwww

家に帰ってダッシュでやきそばを作って食べ、
会場へ向かった。
台車を持って行かないといけないので、
ちょっと遠くの中学校の臨時駐車場ではなく、
会場の駐車場に停めなければならない。
当然めっちゃ混んでいる。
とりあえず台車を搬入口に置いて担当役員さんに託し、
長蛇の列に並び、
ダンナに車を託して、先に集合場所へ行った。

本番は、実は保護者も出演する事になっていて、
1曲目は、タップじゃなくて、なんてぇの?演技?
5人の親が立っていて、そこに1人ずつスポットが当たり、
スポットが当たった親のところへ静かに子どもが入る。
そして、2回目のスポットが当たったときには、親子が
ゆっくりと見詰め合って手を握る・・・みたいなw
それを私もやったんだけど、よぉわからんよwww

2曲目が子どもたちのタップダンスなのだが、
途中まで、割り幕っていう黒い幕の裏で保護者は待機していて、
子どものタップは全く見えん。
後の話でわかったが、張り切りすぎてこけた子がおったらしいw
で、割り幕がばーっと開くと、
親子がお互い手を振り合い、
再び子どもたちがタップを踏み出すと
親たちは後で手拍子するんだが・・・

みんな直立不動で手拍子。
楽しめ~~~~!!!
ノリノリだったのはきっと、私と、私の隣のMさんだけだったんだろうなぁ。
向こうの人までは見えんかったからなんとも言えんが。

Mさんは、私の高校の吹奏楽部の先輩で、
パーカッション担当だったので、リズム感抜群。
手の叩き方も様になってるんだなぁ^^

まあ、なんだかんだで、また一つ行事が終わった。

今回の文化さんもお疲れ様でした。
初めてでわからないなりに一生懸命頑張ってたね^^
ものすごい大変だっただろうけど、
やはり、終わった後の達成感は格別だっただろう
(もう2度とやりたくないと思ってたりして・・・)

お手伝いしてくれた保護者の中に、
来年度の文化さんもいたし、
このステージを踏み台に、また素敵なステージを
作っていってくれたらいいな。

1月30日土曜日。
こどもフェスティバルステージ発表の練習があった。
当初、子どものタップダンスだけだったのだが、
保護者もちょっと参加する事になり、
今日は、その保護者も打ち合わせに来る事になっていた。

保護者は参加をするのはいいのだが、
それよりも大変な任務がある。
ステージの準備だ。
3分間で、タップダンスの板を40枚以上並べなければならない。

去年は、1人1台の打楽器を定位置に並べなければいけなくて、
それはそれは大変だったので、
今回は楽勝~♪と思っていたのだが・・・

タップ板、1枚がべらぼーに重い!!!
女の力で、1枚は持てるが、それを音を立てずに
床に置いて並べるというのは、そんなにスッスとできない。
ということで、2人1組で2枚持とうということになった。
が、保護者13人しかいないので、1組3~4回置かないといけない。
3分でできるんかいな・・・

そのタップ板を、適当に置くわけにはいかない。
リハーサルの時には、タップ板を置く位置や、中心に立つ人の
位置などをばみる作業をしなければならない。
「ばみる」とは、舞台現場用語(?)で、立ち位置などに
ビニールテープやらで印を付ける事だ。

ばみりを正確に行なうために、ばみりロープ(じゃいこ命名)を作り、
それをステージに広げて、ばみっていくという作業を
リハーサルのときにはしないといけない。
これがくそ面倒!!!
だけど、それで印がつけば、本番はスムーズにできる。

今年の学区の文化役員さんは、
去年の役員さんにばみりロープの作り方を教えてもらってないようで、
どうしたらいいのかわからない~~状態だったので、
去年の非常に複雑なばみりロープに比べたら、
とっても簡単じゃん~と思って、
私が勝手にばみりロープを作ってしまった(笑)。
結局、いらん口出しをしてしまったおかげで、
ばみり指揮はじゃいこになってしまった(爆)。
まあ、文化さんは、ステージだけじゃなく、
作品展示の事もしなければならないので、
それぐらいでよければ、お手伝いします^^

このばみり&準備、
リハーサルだからといって、ちんたらやればいいというものではない。
やはりそれを3分でしないといけない。
大丈夫か????

来週の午前中は、その準備の練習もする。
そして、午後からリハーサル。こわい・・・

日中はフットの練習があり、
右の内腿がピキってなった(またか・・・)。
でもまあ、以前よりから軽そうなので、2日ぐらいで治るだろう。

夜は卓球の練習があった。
Sさんに、随分といけないところを指摘され、
いつも以上に腰を落としてやったので、
腰と脚にくるだろうな・・・

なんて思っていたら、次の日。
体中が痛い!!!

足腰は絶対くるのはわかっていた。
腕もまあ・・・たまに卓球張り切ると、
右腕がくる。

しかし・・・両腕と、脇から背中にかけてが痛いのはなんだ?

自分でその理由を考えていたのだがわからなくて、
次女に何気に
「ママなんで背中が痛いんだと思う?」
って聞いてみた。

「タップじゃないん?」
「はぁ?タップって、ママタップ昨日しとらんしぃ・・・あっ!!」

わかってしまった・・・
重いタップ板をしこたま運んだからだ・・・
情けない・・・そんなことで筋肉痛かい!!

これまた数日遅れての更新。
1月23日土曜日。
子ども会のボウリング大会があった。

怪我人も出ずに、無事終わってホッとした。

私の担当の班は、4年生。
といっても、次女とは別の班だが。
4年生の男の子はやんちゃくんが多いので、
じゃいこが就かされたらしい(笑)。

でも、私は4年生のやんちゃくんたちが大好きだ。
色々話をすると、みんないい子でね^^
だから、この班に就かせてくれてありがとう状態だった。
この班に、Hくんって子がいるのだが、
長女が、その子が大好きでね(恋愛感情ではなく、弟みたいなかわいさ?)、
班を代われってうるさかったw

6年生以外は、みんなガーター避けのネット付きだった。
そんなもんがなかった子ども時代を送っている私らには
「こんなんありえん!!」って思うけど、
子ども達は、そのネットにボールを当てて、
ビリヤードみたいにはじかせて、上手にピンを倒す。
ほんまありえんわwww

隣のレーンに次女がいて、たまに見ていたのだが、
次女、そのネットがあっても下手くそ!
ていうか、最後の最後、ネットが切れたところで
球がとろいから大幅にカーブして、結局ガーターみたいな。
こりゃ一度、家族で行って特訓せんといかんな・・・

しかしもっと笑ったのが、長女。
私は見ていないのだが、次女が偵察に行って来たらしい。
隣の私に報告してきた。
「長女ちゃん、6回終わってるのに、8とかよ!」
「・・・・まじで??」
「まじまじ!」
まあ、6年は確かにネットがないけれど・・・
それにしてもあまりにもひどくない??

結局1ゲーム目は27。2ゲーム目は44。
目も当てられん・・・

一番ショックを受けてたのは長女本人。
「信じられんわ、ツナヨシ(2744)よ!!!
ありえんわ、呪われとるわ!!」

ツナヨシってなんぞな?と思われた方のために解説。

長女は「家庭教師ヒットマンリボーン」って漫画に
一時期はまっていて、そこに出てくるキャラクターを、
リボーンファンは、数字で呼ぶのだ。
例えば「ひばり」なら「18」、「むくろ」なら「69」。
で、長女の一番嫌いなキャラクターが、「つなよし」で「27」。
しかもさいごの「よし(44)」までおまけでついてきてる。
どこまでもむくわれない長女。
ここまできたら笑いとばすしかない。

三女は・・・ごめん、何点取ったか知らんww
でもまあ、1年生だし、しれてるわな。
やっぱり家族でボウリング特訓するか!!

2ゲーム楽しんだ後は、ランチバイキング。
いただきますの前に、食べ物を取りにいかせたのが
間違いだったかな。
2つ3つ取ってさっと帰ってくればいいけど、
てんこもりに盛り上げて、更にデザートまで用意する子がw
らちがあかないので、
「後でまたおかわりすればいいから、先にいただきますするよ~~!」
とてんこもりの子たちを席へ追いやって、やっといただきます。
時間がちょっと短かったかな?

各学年で表彰式をした後に、お土産もらって解散。

そのまま、次女三女はフットの練習へ直行!
うちの次女とSちゃん、「おなかすいた~~」って・・・
今食べただろうが!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。