2017 / 07
≪ 2017 / 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家に帰って、やっぱ頭が痛いことに気付く。
でも、そこまで酷くなかったので、
余裕ぶっこいて、ブログを更新してみたりした。

が、なんだか頭痛が酷くなってきたような気がしたので、
そんなに眠くないけれど、
12時半ごろ、とりあえず寝る事にした。

夜中3時半。
ダンナが夜勤から帰ってきて、あいねを連れて
寝室に上がってきたもんだから、
当然起きる。
だって、あいねが、ふがふが言いながら、
顔なめまくってくるんだもん。

なんか色々話をしているうちに、
頭痛が全然治まってないことに気付く。
「頭いたぁ・・・」
「いっぱい飲んだんか?」
「いや、そんなに飲んでないけど」
と、コーラハイの話をする。
「そんなに量は飲んでないし、
寝たら治ると思ったけど、おきても痛いわ」

飲んでその場でもどすことは、これまでもしょっちゅうあったのだが、
二日酔いというのは1度か2度ぐらいしかない。
それこそ、寝たら治っていたので、
ちょっとショック。

「薬飲んだら楽になるで」
「ほぉじゃね。飲んでくるわ」

ロキソニンを飲んで、再び寝室へ。
1時間ほどで頭痛が引いた。
それから眠りについたが、
朝もさわやかに起きられた。
さすが、ロキソニン~♪

まあ、なんにしても、
元々お酒が強くないんだから、
ザルな人たちのペースに合わせて、
一気に飲むのはやめよう・・・

今日、長女が家に帰ってくるなり、
友達から借りてきたと言って、
「リアル鬼ごっこ」の小説を私に見せた。

リアル鬼ごっこ。タイトルだけは聞いたことあるが、
実際映画も観たことなければ、小説も読んだことはない。
「あんたが読んだ後、ママにも読ませてや」と言うと、
本当に自分が読んだ後に持ってきて、
「ママ、絶対読んで!」と言ってきた。

「今からはムリ。今から会議出るから」
「じゃあ、戻ってきたら読んで」
「はいはい・・・」

会議から戻ってくると、待ち構えていたかのように、本をよこした。
しゃあないな・・・

読み進めてまず最初に思ったのが、
文章がつたない・・・
そして、なんなんだ、この矛盾だらけの浅はかな設定はwww

西暦3000年、馬鹿王と影では呼ばれている馬鹿な王が
(「馬鹿王」ってひねりのないあだ名もどん引き)
「リアル鬼ごっこ」と称して、
自分と同じ佐藤姓を名乗る500万人の人々を捕まえて抹殺するイベントを
開催した。

国民が皆、馬鹿王と思っている王には、カリスマ性がないのに、
なーーんで、みんなそいつの言う事聞いちゃってるのぉ~?
なんで国民が期待を寄せている弟の王子が、
王に異論を唱えないのぉ~~?てか、あんたも無能???
って、突っ込みどころ満載。

でもまあ、そこをなんとか目をつむって
話を進めていって・・・

どんどん佐藤さんが捕まって、減っていくにしたがって、
「絶対何があっても、人に向かって『死ねばいいのに』なんて口にするな!!」
って、今朝も長女に怒鳴り散らした私が(三女にそう言ったのよね)、
「この王も、じいも、死ねばいいのに」って思っちゃったわ。

ラストは、それしかないだろって結末。
見え見えすぎて・・・

ラストのあらすじを見たい方だけ、
ドラッグして反転。
とりあえず、自分で読んでみたい方は、
ドラッグしないでね♪

最終日、ただ一人生き残った佐藤さん、主人公の翼。
王の前に呼び出され、
生き残った褒美になんでも好きなことを言えと言われ、
「死んでください」と、王を銃で撃つ。
王は死ぬが、王を殺した翼も、また殺される。
最後に、たった一人の「佐藤さん」、弟が、王位を継いで、
王国は安泰。


私なんて、リアル鬼ごっこが実際始まる前に、
「王は生き残った者への褒美を具体的には言っていなかった」みたいな文章見て、
ラストこうじゃない?って
思ってしまったじゃないか~~~!
ラストは、意外な展開になるのがおもろいのにぃ~~~!

ということで、感想。
・・・不快w
いや、全く面白くなかったわけではないけど・・・
鬼ごっこ最中の緊迫感とかは良かったけど・・・
主人公翼が、小さい頃生き別れになった妹、愛をたずねて、
東京から大阪まで行くのだが・・・
愛が死んだら、行った意味ねぇ~~~~!
あーもー、みんな無駄死に、いや~~~~!!
あと、国民の「俺は佐藤じゃなくて良かった」的な
無関心さもいや~~~~~!!!
あと、何も行動できなかったのに、
最後、棚ぼた的な弟までもがいや~~~~~!!!
何もかも、いや~~~~~~!!!!

あとがきをみて、
ろくに小説を読んだことのない、
文章も書いたことない作者が、
ただ、この「500万人の佐藤さんと鬼ごっこ」という発想を
思いついたまま書いたデビュー作だったことがわかり、
この稚拙な文章や、設定の曖昧さに納得。

でも、なんでベストセラーになったんかよぉわからんわ。
これが面白くない私は、もはや、時代に乗り遅れている?
てか、それで乗り遅れているって言われるのなら、
それでええけどw

昨日は卓球の試合があった。
7時55分、みなさんで車乗り合わせて大会会場へ出発♪

以前も書いたと思うが、この大会に参加する人たちって、
50代平均ぐらいのおばちゃんが多くて、
80代の方もいらっしゃるぐらいなのだが、
もうねぇ、ほんま、強いのよ・・・
それは、過去2回試合に出てみてよぉ~~くわかったので、
勝敗は関係なく、楽しもうと思った。

いやぁ、楽しかったよぉ。
自分が試合に出るのも楽しいし、
仲間の応援するのも楽しいし。
(でも、一番楽しいのは、仲間とのお茶だったり・・・)
今回は、Aチームさんが、トーナメントに勝ち上がったのが、
我が事のように嬉しかったなぁ。


最初、卓球に誘われた時は、
「え~~、卓球??」って感じだったのよね。

私の中では、高校時代の吹奏楽部のウエイトのほうが大きくて、
中学校時代の卓球部という存在は、記憶の中から消えつつあった。
(だって、超弱小チームだったもん・・・)

とりあえず見学~って行って、二十数年ぶりにやってみたら、
楽しかったのよねぇ・・・
また、部員もみんないい人なので、余計楽しいよね^^

今では卓球が、私の癒しの場所となりつつある。
ほんと、誘ってくれたFさん、Nさん、感謝です♪♪♪

彼岸花ってすごいよね。

普段はどこにいるのかわからん桜に少し似ているが、
桜はつぼみになりました~、3分咲きです~~とか、
順を追ってあらわになってくるが、
彼岸花ってほんと彼岸ぴったりに突然真っ赤になるもんね。

毎年、完全に咲きそろってしまった彼岸花を見るたびに、
「しまった、彼岸花の咲き始めが見れんかった!」
と密かに悔しがっている。
また今年も見れんかったよ・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・

今日も車に乗ってて、
「ほれ、あっこもこっちも彼岸花~」
って指差すと、次女三女が
「うわっ!いつの間にこんなにっ!どこから出てきたん?きもっ!」
とかわめいていた。
確かに見方によってはきもいな・・・
でも、この毒々しい赤の彼岸花、私は好きだなぁ^^

ここ数日、胃痛で目が覚めるのだが、
今朝はなんだかさわやかに起きる事ができた。
いい感じ~~って思ったが、
9時過ぎごろからシクシクしだした。

前は、空腹の時や、何かの前(聖歌隊研修で車移動してる時とか)に
キリキリ痛んでたけれど、
最近は、何もない時でも、お腹すいてなくても痛くなる。

この胃痛、とりあえず何かお腹に入れると、一時的に楽になる。
だから、食べちゃうんだよねぇ・・・

私のつわりのパターンがこれだったわ。
お腹すくと気分悪くなるので、朝起きてすぐ食べれるように、
枕元にりんご置いてたわ。
(いや、けっして妊娠しとるわけじゃないよ・・・汗)

なんにしても、常備薬のキャベジンもあまり効いてくれないので、
やっぱり病院だな・・・

病院で、6種類も処方してもらった。
それが、朝だけ飲むやつやら、寝る前だけ飲むやつやら、
朝昼晩飲むやつやら、色々あって、めんどい・・・
まあ、これで少しは楽になるのかな?

水曜日と金曜日、聖歌隊研修が12時から15時前まである。
家を出るのは11時過ぎ。こんな時間から昼食もねぇ・・・と思い、
そのまま行くと、途中でおなかがすく。
しかし、15時から昼食もどうよと、結局食べずにいる。
そうすると、空腹を通り越して、胃が痛くなる。

胃痛の原因はそれだけではないと思う。
研修で、リハーサル業務を覚えて実際やらなければならないのに、
10日は単位子ども会の役員の集まり、
11日は学区子ども会の定例会、
12日は学区子ども会の盆踊り打ち上げ、
13日はみこしの引渡し式と、
子ども会行事が連続してあるもんだから、
それの資料作りやら、前準備やら、連絡やらのほうに時間を取られ、
覚えることができないというプレッシャーによるものだろう。

10日の単位子ども会の集まりは、
私はどっちかというとお客さんなので気は楽だったが、
11日の定例会は、前資料つくりにえらい時間がかかってしまったし、
研修の日だったし、
がんばった割りに、風当たりの強い会議だったので、
帰った後も胃が痛かった。
いやまじで、11日はきつかったなぁ・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。