2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うちの実家の町内の太鼓団の10周年記念演奏会が、
私の母校のK小学校で開催された。

ここには、実家の義姉と姪っこも創立当時から入団していて、
その頃から色んな場所での演奏を見てきていたし、
うちの次女も、2年前、1年間だけ在籍させていただいていたので、
とても思い入れのある太鼓団だ。

ど田舎の町内行事なので、
司会も勿論、町内の人、来賓も町内の人。
だから、司会にしても挨拶にしても、めっちゃ広島弁。
しかも、ただの広島弁ではない。
「年寄りの広島弁」なのだ。

記念式典の時は、私の後ろの席に、
姪っ子と同年代の太鼓団のメンバーが数名並んでいたのだが、
「なんかさあ、昔の人って感じの喋りよね」
って言うのを聞いて、可笑しくて仕方なかった。

本当に、70歳以上ぐらいかな?
その辺の人と、それ以下の人との広島弁は違うのよね。
私は父の広島弁を聞いて育っているから、
その年寄りの広島弁も真似できるけれど、
英語と一緒で、言葉をつなげた時の略した発音とかがなかなか真似できん(爆)。

演奏会に入ってから、
司会の人が変わり、少し若い人(50代ぐらい?)になったが、
でも、やはり地元の人で、司会業の人ではないので、
これまたイントネーションが広島弁丸出し。

例えばメンバー紹介。「由美子」さんという人がいるのだが、
まあ普通は「みこ」さんだよね。
しかし広島弁では「ゆこ」さんとなる。
どの人の紹介も、そんなイントネーションだから、
実に田舎臭い(笑)。

そんな田舎の香りが、いかにも地元の行事という感じで
なんともいえず心地よかった。

さて、メインの演奏会だが、
実に良かった。

前述したとおり、創立当初から、何十回となく、ここの太鼓団の演奏を聴いている。
ある時期は、どうしてもリズムが合わない人がいて、
しかもその人がリズムが合ってない事がわかってないどころか、
自分が正しいと思っていて、
これをどうしたもんかなぁと義姉が悩んでいて、
私も辛口の批評をバンバン言っていた事もあるが、
もう10年ともなると、そんなリズムが少々ずれてもええやん~~って
思えてきたりする。
テクニックより、いかに楽しくやるかだねぇ~。

勿論上手いに越した事はないけれど。

taiko_2.jpg
上の写真は「はね娘(こ)踊り」という演目で、
太鼓と笛のアップテンポで賑やかなまつりばやしに乗せて、
浴衣の娘達が踊るのだが、
これ、結構好きでねぇ~。

踊っているのは、小6~高2までの女の子。
この中に姪っ子も入っているのだが、
この姪っ子がこのはねこ踊りを踊り始めた頃って、
ちょうどプチ反抗期の頃で、
なーんか恥ずかしそうにだらだらと踊ってたけど、
高校生になった今は、なんかはじけてて、
満面の笑みで踊ってていいわぁ~^^

今回の演奏会には、ゲスト出演の方も多数呼んでいて、
日舞とか、尺八とか、詩吟とか、色々見れた。
(まあ、あんまり興味はないが・・・)

その中で、同じ太鼓でのゲスト出演があった。
元太鼓団のメンバーで、高校時代は学校の和太鼓部に所属し、
今年卒業して、和太鼓のプロ集団「太鼓本舗かぶら屋」というところに入った
Y君と有志2人の太鼓演奏だった。

いやぁ、上手いねぇ!!
かっこいいねぇ!!!
思わずいっぱい写メ撮っちゃったよ(撮っても上手さはわからんわい)。
taiko_3.jpg

taiko.jpg
下の写真で、真ん中ででっかい太鼓叩いてるのが、
ここの太鼓団のOB、Y君。
他2人は、高校時代の部活仲間。

この子は小学校の時からずば抜けて上手かったのよねぇ。

ここの太鼓団の初代講師は、先ほど紹介した、和太鼓のプロ集団
「太鼓本舗かぶら屋」の主宰のFさんという方で、
その後も、ずっとかぶら屋のメンバーの方が代々講師をされている。

で、この初代講師のFさんは、高校教師で、
Y君が高校入学したと同時に、Fさんもこの高校に転任してこられ、
運命の再会を果たしたのだった。

そこから、Fさんは、この高校に太鼓部を立ち上げ、
去年はなんかのコンクールで最優秀賞をもらい、
今年は全国大会に出場するまでの実力となった。

2年前に、「かぶら屋」のメンバーが育てている全団体の発表会みたいなのがあって、
そこで、この高校の演奏も聴いたが、そりゃぁ凄かったのよぉ~~。
この高校の中にファンになった子がいたんだけど、
その子が有志として来ていなかったのが残念(笑)。
(笛と神楽の名手で、太鼓は叩いてなかったもんな・・・)

最後から2番目に、普段練習に出られない、中、高校生の姪っ子軍団が
この日のためだけに久々に練習して、
「Rush Beat」なる、初代講師のFさんが作曲した
めっちゃかっこいい曲を演奏した。

これもまたこのメンバーでの演奏を何度も聴いているが、
久々に集まったにわか仕立てにしては上手かった。
やっぱり昔とったきねづかだね^^

最後は出演者全員の「長束祭り太鼓」。
これでは、ひょっとことおかめの人が踊りながら出てきて、
会場の人にお菓子を撒く。

うちの子たちは、これのためだけに来たといっても過言ではない・・・

毎年実家の夏祭りで、ここの太鼓団が演奏してくれて、
この長束祭り太鼓の時に、お菓子をばらまき、
まあ、恥ずかしいぐらい必死でお菓子を拾い集めている。

今日もだよ・・・恥ずかしい奴らめ・・・

まあとにかく・・・とても楽しく演奏を聴かせてもらって良かった^^



演奏会が終わり、帰ろうとすると、
母が寄ってきた。
「Wさんとこの娘さんが帰ってきとってね、
あんたに会いたい言いよったけぇ、
行ってあげんさいね」
って。

Wさんとは、ここの町内のお寺さんだ。
ここの娘さんと私は幼馴染で同級生。
ひらりんさんと一緒だね^^

「おお、そりゃ行かんといけんねぇ、っていうか・・・」
と言っていると、母にそれを言付けた、
Wさんのお父さんの姿が!
その隣には・・・ああ~~~!Nさんやん~~~!
Nさんって娘さんね。

いや、ずっと気にはなってたのだ。
体育館の端っに坐って、1歳に満たない赤ちゃんをあやしているお母さん。
あれ、Nさんに似てるけど、まさかねぇ。
お嫁行ったって聞いたしぃなんて思っていたら、
本人だった(笑)。

生後5ヶ月の男の赤ちゃん。
めっちゃかわいい~~~~~♪
この子がまた、いい子にしてて、
ずーーーっと泣かずに演奏聴いてたのよ。

「いや~ん、ひさしぶり~~♪」
と話に華を咲かせた。

他の同級生のお母さんとも会ったし、
たまに(しょっちゅうだけど・・・)地元の行事に顔を出すのも
いいもんだね^^

neko_18.jpg
またニャ~

【】
★ひらりんさん:
うちは義姉と姪っ子が出るから誘ってもらったんですよ^^
そうそう、U町内会の夏祭りのメンバーなので、
演目もあの時のものなんですよ。
この10年でやってきたレパートリー全部引っ張り出してました。
言っちゃ悪いけど、Aが丘の太鼓団より
かなーーーり上手いですよね(爆)。

Wさんすごい懐かしかったです~♪
面影はあるけれど、まあ、
綺麗な奥様になっちゃって^^
6月中に、お寺に遊びに行こうと思います。
ひらりんさんもいかが?^^
【】
こんばんは~^^
そうなんだ~。そんな催しがあったんだ~。
K小学校でね~♪ ゴメン 知らんかったよ~。
太鼓か~、迫力ありそうだ~。お祭りの時とか見るけど 見ごたえあるもんね~。

 ほ~う!Wさん! なつかし~いわ(^^♪
そっか~、5ヶ月の子供さんおってんだ~。
いや~元気そうで良かった☆
地元の行事に参加すると同級生に会えるかもだから 参加しなくちゃいけないなぁ。。。
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。