2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は、お隣の区で、忍者ごっこがあった。
この忍者ごっこっていうのは、
アフタフバーバンという団体さんの企画で、
丁度去年の今頃、うちの町内でも行なわれた。

その忍者ごっこの参加対象学年というのが、
小1~小3で、去年は次女が参加したのだが、
年長さんの三女は、託児グループで、その楽しそうな姿を
指をくわえて見ていて、すごく可哀想な事をしてまったのだ。

今回、母親クラブのYさんからその情報をいただき、
これは絶対三女に参加させてあげないといけないと、応募したのだ。

参加するのは、三女だけではない。
母も大人忍者として参加だ!!

昨夜と今朝、大人忍者の研修があった。
このアフタフバーバンの代表、北島さんの研修は、
大変面白い。
今回は、お父さん、おじいさんもたくさんいらっしゃったのだが、
そこにいる大人全員が楽しめるゲームをした。

北島さんのゲームは、
勝敗を決めるものというのがほとんどない。
そして、結末がどうなるか予測のできないものが多い。
どんなものになるかわからないところが、
そのゲームを面白くさせている。

大人はとかく、答えがはっきりしているもの、
勝敗が決まるものなどを好む。
なぜなら、答えがたくさんあると、
子どもが選ぶ答えに付き合うことが面倒くさいからだ。
しかし、予想だにしない展開に付き合ってやるのが、
子どもの発想や想像力や行動力を豊かにしていくというのが、
このゲームを通してわかってくるのだ。

さて、子ども忍者を迎えての忍者修行。
もう、めっちゃ面白いのよ。
私はいつも男の子班の担当を希望してつかせてもらう。
男の子のやんちゃぶり、生真面目ぶり、純粋ぶりが大好きだ。

今回受け持った3年生男子4人組も、
ほんと面白かった!
「観察修行」という、指令書に書かれてある特長の人物を
気付かれないように尾行しながら、
その人物が何をやっているかを観察するというものなのだが、
見逃したらいけないからと、めっちゃ近寄る子、
それを叱って、丁度いい距離を保つ子、
指令書の人物が振り返ったら、とっさにかかしに変身する子、
見つからないように、うしーーーろの、しかも、
道ではないところを好んで歩く子。
固まって歩こうぜっても、そんな状態だからたてなが~~~な感じでw

まあ、とにかく楽しかった。

三女も念願の忍者修行を満喫したようだ。
最後に代表北島さんと記念撮影して、ご満悦^^

来年も広島に来る予定があるそうなので、
また参加させてもらいたいな♪

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。