2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12日は、PTA&児童民生員(だったっけ?)主催の
山登りがあった。

11日のフットの練習のときに、ボールが植え込みを越えて、
はるか下に転げ落ちてしまったのを、取りに行くため、
階段をダッシュで上り下りしたおかげで、
太ももが何気に筋肉痛。
なのに、山を登るか!!

この山っていうのが、うちの実家の近くにある山で、
小学校の時何度か登っているので、
どんだけしんどい道かはよぉ~~くわかっている。

初めて登ったのは、小4だったと思うが・・・
休日に友達と遊んでいて、何気に「登ってみようや~」って
ポテトチップス1袋だけ持って臨んだのはいいが、
頂上近くのあまりに急な道に、降りるのが怖くなり、
別のなだらかな道を見つけ、そちらを降りて・・・・
迷子になって、変な小川の中バシャバシャ通ったりして、
やっと頭上にまともな道を見つけ、よじのぼってそこをたどれば、
全く知らない土地に出て、人に出会った第一声。
「すいません、ここ、どこですか???」
・・・・
山の裏側の町に降りていて、車で家付近まで送って帰ってもらったという
苦い思い出がある。

(それ以降は、ちゃんと来た道を戻るようにしたけどね・・・)

まあ、そんなしんどい山を、どうして二十数年ぶりに登ろうと思ったか。
一つは、小1の三女にはやっぱり付き添ってやらんといけんだろうと思ったから。
もう一つは、あの頃とは様変わりしているわが町の景色を見てみたかったから。

さぁ、レッツゴーだ!!

三女の後をしゃんしゃんついていったが・・・
あれれ・・・三女ペースはやっ!!!
いつの間にか引き離されてしまった・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・
なんだよ、三女に付き添いなんていらんかったじゃん!
理由その1の意味がないw

しかし、後ろから
「ママ~~、疲れた~~!お茶ちょうだい~~~!!」
という声が・・・
次女だ。
おばかな次女。お茶作ったくせに持ってくるのを忘れた。
「あんたさぁ、まだあと1200mあるんよ。
今からお茶飲んでてどうするんよ」
「え~~、だって疲れた~~~~」

その後も次女はちょこちょこ止まっては休憩するので、
つきあってられるか!と、途中から置いていき、
なんとか三女の元へたどり着いた。

三女、涼しい顔をしている・・・
「疲れてないん?」
「うん、あんまり~」
「そう・・・タフね・・・」
しかし、頂上近くの急ながけでは、足が短いから
よじ登るのに苦戦していた。
やっぱり1年生だな(。゚_ゝ゚)プ

今回の登山は、総勢98名が参加。
頂上は大変狭いので、そんな人数入れないので、
1陣と2陣に分かれて行った。
私たちは2陣だったが、途中で追いつき、
1陣が頂上で校歌を歌って記念撮影して、
山賊むすびを食べる間、長蛇の列をなして待っていた。
おかげで、疲れが取れたがw

1陣と2陣が入れ替わり、頂上へ。
おお~~~絶景かな、絶景かな!
遥か向こうの瀬戸内海やそこに浮かぶ島が見えるのは、
昔と変わりがないが、
今住んでいる住宅街は、私が子供の頃にはなかったものだった。
madoyama_2.jpg

madoyama_1.jpg
おお!写メでもよく写ってるじゃないかぁ~~!
私の携帯も捨てたもんじゃないな。

綺麗な景色を眺めながら、山賊むすびをほおばる。

あ、山賊むすびって、広島とか山口だけのもの??
ところどころに、数種類の具を仕込ませた、でっかいボール状のおむすびだ。

山賊むすび、久しぶりに作ったが、美味い~~!
我が家の具は、しゃけ・たらこ・梅干・こんぶという
ごくごくシンプルなものだったが、
ある人は、鶏のからあげをおむすびの中に入れていた・・・
すげぇ・・・

帰りは、我が家の3人の立場は逆転。
次女が一番に下山。続いて私、最後が三女だった。
私は5年生の女の子二人組になぜか気に入られ、
最初後ろをピッタリついてくるから、
「どうぞ、先行きんさい~」って道を譲ったら、
先に行ったものの、
「おばちゃんもついてくるの!」ってwww
その子たちが、ちょっと岩が突き出たところとか見ると、
「いえ~い」とか言っていちいちポーズをとったり、
木の根っこにつかまって「あ~~ああ~~~」ってターザンのまねみたいなことするのだが、
「はい、次はおばちゃんもやる!」ってなぜか同じ事をさせられていた・・・
またそういうのが嫌いじゃないからいかんな・・・汗

この子たちの下山テンポが速くてね。
まあ、急な下りなので、一度走り出すと止まれないというのもあり、
登りは2時間弱かかったが、帰りは30分ぐらいじゃなかったかな?
全然疲れなかったし^^

しかし、それが災いして、
ふもとについたら、腿が痛くて痛くて座ることができない。
座ったら立つことができない。
まいったわ!!

ふもとに下りると、PTA執行部の方々が、
カキ氷と豚汁を作って待っていてくれた。
おいしかった~~♪

なんか、カキ氷食べながら、
登山の感想を俳句に詠めって言われて
書かされたけど・・・


年かなあ 落ち葉ですべり 踊る脚
                   じゃいこ

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。