2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回、研修会場の近くの駐車場に停めたら、1200円ほどかかった。
研修のギャラ2,000円もらっても800円しか残らんやんけ!!!

これはいかんということで、
わが家から一番近い私電の駅の近くのスーパーに車を停めて
電車で行こうかなぁと思っていたのだが・・・
何せ電車で行くと、小一時間かかる。
時間がもったいない。

そんな折、たまたま別の用事で電話をしていた子ども会のIさんが、
30分100円の駐車場を教えてくれた。
しかもそこ、プリペイドカードがあって、少しお安くなるらしい。
30分100円なら3時間半で700円だぁ~!安い!
早速そこに駐車して、会場へ行った。

今回の研修は、リハーサルの流れと、
本番の流れを、そこにいるメンバーで
牧師・新郎・新婦・新婦の父・聖歌隊の役を割り振ってやってみるというものだった。

私、リハーサルの意味を、前回、めっちゃ勘違いしていた。
別の聖歌隊派遣会社に所属するという、Tさんが、
聖歌隊役をして、目が点になった。

まずは新郎の入場の説明。
「新郎様、手袋はお持ちでしょうか?
手袋は、右手に指の方が前にくるようにお持ちになってください。
ではご入場の説明をいたします。
最初に牧師様、次に聖歌隊、その後に新郎様の順でご入場致します。
入口までは普通に進んでいただき、扉口の前で一礼いたします。
聖歌隊のうしろを1m~1.5mぐらいあけていただき、ゆっくり
ご入場ください」
云々・・・
こんな感じで、新婦にも、新婦の父にも一つ一つ動きを説明するのだ。

これを覚えないといけないのか・・・
私は、リハーサルでも本番どおり歌うだけで、
そんな説明は、式場の人がするのだと思っていたので、
ちょっと血の気が引いてしまった。
(逆にリハーサルでは、全く演奏はしない)

私は、新郎役とか、新婦の父役とかやったが、
手袋の持ち方やら、ウエディングステップやら、
腕の組み方やら、色々な決まりがあって、ちょっとげっそりだった。

そのリハーサルを1時間やったあと、ピアノの人が来たので、
色々な組み合わせで歌を合わせた。

今回の参加者は、聖歌隊5人、ピアノ2人。
組み合わせは聖歌隊2人+ピアノ1人。

やっぱり、初合わせなので、バランスとかが悪いよねぇ。
まあそれは、おいおい、練習して合わすようにすればいいさ。

先ほどの、別の聖歌隊派遣会社に所属しているTさん。
・・・・
オーディションの時も思ったが、めっちゃ歌が間延びするし、
何よりも、地声半分の、私の嫌いな歌い方で、
聞くに耐えない・・・
しかし、Tさんは実際、これで挙式をこなしている現役だし・・・
こんなんでいいのかと思うと、ちょっとがっかり。

あと、ピアノの一人の人が、
全然練習してなくて、それこそ目が点になってしまった。

いや、練習してないにしてもさ、初見でいけるでしょ、普通。
音を間違えるのはいいけどさ、
拍子が取れないってどうよ???
4分音符がやたら早かったり、16分音符やたら遅かったり、
ありえんでしょ~~~!!!
てか、もう一人の人が先に弾いてるんだから、
それ聞いてテンポを覚えろよ~~~!!!

担当のSさんという方は、
リハーサル指導やら演出やら営業やらはプロだが、
演奏に関してはド素人だ。
そのSさんが「練習しましょうね」って言うくらいひどいもんだった。

まあ、音大の学生さんみたいだから、
がんばってくださいね・・・

聖歌隊軍団は、2日目で、結構仲良くなってきて、
今後、どの人と組んでもできるようにがんばろうね♪って結束を固めて
解散した。

さて、駐車場。やはり700円だった^^
で、プリペイドカードは、3,000円で3,300円分なので、ちょっとお得。
Iさん、いいの教えてくれてありがとう^^

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。