2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日が最終回になるなんて、全く想像もつかなかった・・・

朝、練りえさをあげたら、ぺって吐き出した。
よっぽど嫌いなんだな・・・
ミルワームは食べた。
とのさまバッタの小さいやつを捕まえてきたので、
次、欲しくなったら、あげてねと言って、
私は出張レッスンに出かけた。

玄関を出た時、携帯忘れたなぁと思ったが、
時間が迫っていたので、まあいいかと、
不携帯のまま出発。

レッスンが終わった後、ダンナに頼まれていた
印鑑登録証をお役所に取りに行き、
その帰りに、ケンタッキーに寄って、お祭りパックだったかな?買った。
それから、整骨院に行き、家に戻ったのが、
12時前だった。

ダンナが帰ってきてた。
「なんで電話もっとらんのんや!」
これが第一声だった。
「印鑑証明だけじゃなく、住民票もいるんじゃったのに!」
「ああ・・・そう・・・悪かったねぇ」
あんまり悪いとも思ってなかったけど、言ってみた。

「それから・・・ピッピ死んだで」




「・・・・え???」

「次女、説明したれ」

なきじゃくって、途中ちゃんとした説明になってなかったが、
ロープにつかまってたピッピが、急にふらふらになって
巣に落ちたらしい。
で、すぐに拾い上げたけど、だんだん弱まってきて・・・

ティッシュにくるまれた、ピッピの死体を見て、
号泣した。

最初、ロープから落ちた事によって死んだのかと思ったが、
よく見れば、おしりにフンがえらく付着している。
もしかして、食べ物が悪かったのか?
朝のミルワームが、冷蔵庫から出したばかりで冷たくなってたのが
いけないのか、それとも、冷蔵庫に入れてても、傷んでいたのか・・・
はたまた、バッタがいけなかったのか・・・
そう思うと、自分のせいだと思って、余計悲しくなる。

また、私がいない間の死だったので、
子供たちは、よっぽど心細かっただろうと想像できる。
私は携帯を置いていってるし・・・

ダンナが外から私の携帯に繋がらないので、
自宅に電話したら次女が出て、いきなり大泣きされてびっくりしたと
言っていた。

なんにしても、自分ばかりを責めてしまう。

「でもピッピは、お前らに感謝しとると思うで。
もしこいつらが拾ってこなかったら、その場で死んでたのを、
5日間、命を延ばさせてもらったんじゃけ」
そうダンナは慰めてくれたが、
あと2週間面倒みて、元気に羽ばたいていくピッピしか想像していなかった
私には、この現実が辛くて辛くて仕方なかった。

庭にお墓を作って埋めてやった後も、
私は一人2階でボロボロ泣いて、
まぶたが腫れて困った。
てか、今も腫れている・・・

命を育てるって、本当に大変な事だと、
つくづく思った。
やはり、安易に保護するもんじゃないと思ったが、
後で、数名の人に言ったら、
「そんなに長くもったんだ!すごいよ」と皆口を揃えて言うので、
ダンナの言うように、5日間お世話できた事を
いい経験だったと思うようにしよう。
きっと、この経験で、わが子たちは、
本当の意味での命の大切さを学んだだろう。

(でも、当分私はふっきれないだろうなぁ・・・)

【】
そうだねぇ・・・
簡単に育つもんじゃないよね^^
約1週間経って、大分落ち着いたよ♪
今は、ピッピに対して、育てさせてくれてありがとうって気持ちでいっぱいだよ。
(でもやっぱり、ピッピの写真を見るのは辛いので、トップの写真は換えたわw)
【】
5日間・・ほんとにそうやでー
野生の生き物やもんwがんがったよー^^
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。