2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は子ども会のインリーダー研修会があった。
インリーダーというのは、5・6年生の、子ども会のリーダーだ。

主催は、学区子ども会の育成指導員。
私はお手伝い程度なので楽だった^^

今日は、外でキャンプパン(?)を焼こう!という企画だった。

パンの生地は、まあ、普通にイーストを入れてこねこねするのだが、
テーブルにダーンダーンって叩きつけるほど必死にせず、
とりあえずまとまったなぐらいでOK。
発酵は、ボールに入れてラップをして、天日でする。

1次発酵をしている間に、
サマーキャンプの夕食メニュー、ナイトレク、クラフトで
それぞれ希望のものを各班で話し合って出した。

夕食メニューは、カレー・バーベキュー・うどん・寿司・シチュー等々。
ナイトレクはキャンプファイヤーに肝試し、
光るボールで夜のドッチボール大会ってのもあった(笑)。
クラフトでは、女の子は、勾玉・ネックレス・ミサンガ・紙粘土の人形等々、
男の子は水鉄砲、ゴム鉄砲・・・

そろそろいい頃合に外へ出て、
発酵した生地を8等分にして丸め、2次発酵。
発酵の間に、パン生地を巻きつける竹に、キリで穴を開ける作業をする。
これは、竹が割れてはじけるのを防ぐためだ。

できた人から、火を着ける準備をする。

2次発酵が完了すると、先ほどの竹に、
パン生地を巻きつけ、焼き始めた。
blead.jpg
こんな感じ。
ついでにウインナーも、パンがだいたい焼けた後に
網を置いて焼いた。

公民館の部屋に戻り、会食。
おいし~~~♪

そして、会食しながら、希望を絞り込む。

このキャンプパンを夕食に取り入れたいという思惑が
育成指導員Kさんにはあった(笑)。
それは私もよーーーくわかっていたので、
私もそれに賛成した。

毎年夕食の主食はご飯で、飯ごう炊爨をするのだが、
もうねぇ・・・この飯ごう炊爨が、色々大変なのよ。

まず、ボランティアで来てくださるオヤジと、
中学生以上のジュニアリーダーとの激しいバトル(爆)。
それを見ている私に、
「もう!あのおじさんたち、おかしいですよねぇ!!」と
同意を求められても、
どっちの味方もできんわ!!!

そして、この飯ごうの後片付け・・・
これが本当に大変!
誰が大変って、夕食係さんよ!

今回、インリーダー研修には、
夕食係になった数名の役員さんも来ていたので、
その、飯ごうを洗う大変さを吹き込んだ(笑)。

でも、こちらの思惑どおりには子どもたちは動かない。
やりたいものを絞らせたら、
散らし寿司とか、手巻き寿司とかになった(爆)。

手巻きは、刺身が夏場の外で使えないので却下。
散らし寿司なら出来ないことはないし、
むしろ、夏の暑い時に酢物は食欲をそそるからいいって話にもなったが、
でも、結局、このパンと、
それだけでは足りないかもしれないので、
炊飯器でちょっとご飯を炊こうって事になった。

【】
うんうん!
夏休み終わるまでは盛りだくさんです~~♪
【】
たいへんそうやなー
行事が、盛りだくさんw
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。