2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次女を担任の先生に託した後、
校長先生に用事があったので、職員室へ。
「こんにちは~、お世話になります~♪」
「まあ、こんにちは!じゃいこ子どもさんしっかりしてますね!」

私が用件を言う前に、校長がいきなりそんな事を言い出した。

「・・・え・・・」
「じゃいこさんの1年生のお子さん。まあ、号令が素敵で!」

ああ、それか。
それは、家庭訪問の時に、担任の先生から聞いた。
民生委員さんや児童民生員さんなど、15人ぐらいが視察にこられて、
全クラスを見て回られたらしい。
そして、丁度三女のクラスの時に、
日直だった三女が、始まりの挨拶と号令をかけていたのだそうだ。
それが、低学年独特の
「これからー、こくごのじゅぎょうをー、はじめーます!きをつけーーー」
みたいなトロトロくねくねした言い方ではなく、
大人顔負けの、立派なものだったらしい。

それを延々と説明され、
「いや、本当に大したもんですよ」
と、褒め殺し。

「ああ・・・そうだったんですかぁ・・・ありがとうございます」
母は、間延びした返事(笑)。

というか、用件は!!!

やっとその話が終わり、子ども会の用件を言って
立ち去った。

子ども会の用件の方が短かった・・・

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。