2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


忙しくなるとブログを書き始める私はやっぱりあふぉだと思う。

昨日は、ピアノ発表会の講師演奏合わせ&打ち合わせの日だった。
が、一緒に発表会をするメンバーの1人、Tさんのお子ちゃんが
嘔吐下痢症になってしまった。

最初にかかったのは次女ちゃん。
そこから、何気にTさんにもかかり、
実家のお母さんもかかり、今度は長女ちゃん。

発表会は18日なので、グランドピアノとアンサンブルで使うきーぼーどのある
Tさんのご実家で合わせをしようと言っていたが、
実家のお母さんがそんな状態なので、
あともう1人のメンバー、Sさんと2人で我が家で合わせをした。

今年の講師アンサンブルは、チックコリアの「スペイン」。
当初、ピアノ・キーボード・クラリネット・ドラムという構成でする予定だったが、
キーボードを鍵盤ハーモニカに変更。

鍵盤ハーモニカに変更したのには理由がある。

生徒アンサンブル「崖の上のポニョ」で、3年生に鍵盤ハーモニカを吹かすのだが、
リコーダーに入った3年生にとって、
鍵盤ハーモニカは「幼稚」な楽器という先入観があって嫌がる子が多かった。

でも実は鍵盤ハーモニカってめっちゃかっこいい楽器なのだ。
息の吹き加減によって、強弱がつけれるので、とっても色っぽい音が出せるし、
鍵盤楽器だから当然和音も弾けるので、
アコーディオンとか、バンドネオンのようなかっこよさが出せるのだ。

それを生徒達に聴かせてあげたいなぁって事で^^

さて、鍵盤ハーモニカにしたのはいいが、
いくつかの問題点もある。

まずは、息を入れて少ししてから音が出るので、
他の楽器よりちょっと遅れるということ。
もう一つ、ピッチが他の楽器と合わないということ。
管楽器は、管を長さを調節する事でピッチがあわせられるが、
鍵盤ハーモニカは吹き口を抜いてもピッチは下げられない事が判明。
どうするかなぁ・・・

あとは色々打合せをして、11時に解散した。

午後からは、会場の打ち合わせに行った。
これも、Tさんと2人で行く予定だったが、私1人で。
まあこれは、毎年大体ステージのセッティングは同じなので、
15分ぐらいの打ち合わせで済んだ。

その足で次は記念品を買いに。

一度Tさんの運転で行った店だったが、方向音痴の私は
街中にあるその店に1人で行くのに自信がなかった。
(何せ、町内でも迷子になるくらいだ)

しかし適当に道を曲がったら偶然見つけ、ラッキー♪
今回の出演者数15個分の記念品をひっさげて帰った。
が、帰りに迷ったよ・・・汗

帰りに夕飯の買い物をして、保育園に三女を迎えにいき、
しばし休憩してから、夕飯準備。

19時から、とんど実行委員会へ行った。

「とんど」をご存じない人もいらっしゃるのだろうか。
地方によっては「どんど」とか「どんどん焼き」と言うところもあるらしい。

竹を組んで高い塔を作り、それに火をつけ、
お飾りや習字、鏡餅などを焼く行事だ。

いつものことながら、連合町内会主催で、他の団体が共催。
当然子ども会もだ。

うちの実家の地域では、各家の鏡餅を、竹を割ったものに挟んで針金でまきつけ、
それを竹の塔で焼いて食べるのだが、
新しい住宅地の我が町内では、鏡餅を焼かない。

代わりに、その場でもちつきをして、それを焼き、
ぜんざいにするのだ。

子ども会の担当は、そのもちとぜんざい作りだ。

実行委員会終了後も、一緒にもちつくりを担当する母親クラブ会長のYさんと
PTA副会長のIさんと段取りの打合せをして、
9時に家に帰った。

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。