2009 / 06
≪ 2009 / 05   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2009 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は授業参観の代休。

午後からうちの単位子ども会では、ドッチビー大会を
小学校体育館でした。

これでもかっていう豪雨で、中止もありかなと思ったが、
丁度昼頃に小雨になったので、決行。
でも、その後、またどしゃぶりになったけど・・・

去年はドッヂボール大会の日に雨になって、
公園のグラウンドでする予定だったので中止になり、
公民館でゲームになったのだが、
体育館だからできてよかったわ^^

私は低学年の点付け係だったのだが、
まあ、低学年はかわいいね^^
内野と外野にわかれるよ~~って言うと、
外野の子達、自分の内野側の外に出るの(爆)。
味方を狙ってどうするwww

まあ、線からはみ出してしまうとか、
文句言ったりするとか、細かい注意はあったが、
無事終わった。

しかし、高学年はそうはいかなかったみたい。
ラインをちょっとでも敵が踏もうものなら、がーーーーっ!と言って来るし、
審判が見落としをすれば、試合が終わった後も、
ずーーーっと抗議してくるしで、
本当に大変だったようだ。

でもまあ、全体的には、楽しかったみたいだし、
めでたしめでたし^^
また一つ行事が終わった♪

さあ、明日は、専門員さんと団体の代表さんに
サマーキャンプ実行委員会のお知らせを配りに行って、
自分の班の参加者の参加費を徴収に行って・・・
ああ!まだまだやる事いっぱいだなぁ!

スポンサーサイト

日曜日の夜8時。
お寺の季刊誌の編集会議だということを
すっかり忘れていた・・・

気付いたのは、8時27分。
バッグにしまいっぱなしにしていた携帯を取り出し、
そこに、義姉のメールを発見してからだ。

急いでお寺へ~~~!
しかも原稿持たずに~~~!
意味ねぇ~~~!!!

お寺に着いて、お菓子いただきながら、
とりあえず書くふりなんかをしてみる・・・

だが、訳あって、〆切日が延長された!!
ラッキー!
ということで、結局みんなとくっちゃべって、
お茶菓子いただいただけで帰った・・・

うちのあいね。何故か、キウイ味の骨型ガムが大好き。
結構太いのに、あっという間になくなる。

ということで、ダンナが私が学校協力者会議から帰ってくるや否や
「あいねの骨買いにペットショップいこ~」と言い出した。

ついでに、広島ではヤマダ電機よりも有名な電気屋、
○オ○オに行って来た。

○オ○オは、お得意様感謝祭かなんかのはがきが来てて、
来場記念に、変な文具セットがもらえたり、
はがき持参の人だけの特別プライス商品があったりしたので行ったのが、
私が、ノートパソコンのケースがほしかったというのもある。

ダンナが○オ○オのポイントカード、1万2千円分持っているので、
2,980円のケースを買っても、まだ十分あまる。
ということで、お得意様オンリー価格1980円の
体脂肪の計れる体重計を買った(笑)。
やっぱり体重だけじゃなくて、体脂肪も計らなきゃねぇ~。

しかし、それのおかげで、非常にショッキングな事実をつきつけられることとなる。

私の体脂肪・・・きゃ~~~~~~~~~!!!!!
言えません!!!
てか、最近まじで太ったからねぇ・・・
なんで卓球やフットやってて太るかなぁ・・・・

まあそれはいい。

それよりショックだったのは、
ダンナの体脂肪・・・・
キャ~~~~~~~~~~~っ!!!!!!
私よりも随分と少ないじゃないのよ!!!!!
あのメタボのダンナが!
この私より!!
なんで~~~!!!

「そんなんわしの肉は筋肉じゃけぇにきまっとるじゃろ。
ママは脂肪なの、脂肪」
き~~~~~~~~~っっっ!!!

それを長女に報告すると。

「つまりパパはおすもうさんなのね」

ん~~~、妙に納得してしまった(笑)。
力士さんはスポーツマンなので、あんな巨体でも、
体脂肪は低いのよね。

ダンナはスポーツマンでもなんでもないけど・・・
まあ、おすもうさんってことでwwww

日曜日はてんこもりだった。

例の講演会が12時過ぎまであり、
片付けをして帰ったら、1時前。

それから、お昼の買い物に行き、昼食準備。
冷やしうどんなのだが、
それだけでは栄養バランスが悪いので、
きゅうり、金糸たまご、かいわれ、とりささみ、トマトのトッピングと共に
食べた。
ちょっと冷やし中華風w

のんびり食べてたら、1時50分!
きゃ~~~!やばい!!!
再び小学校へ、今度は車でGO!

2時から学校協力者会議だった。

これは、小学校教育をより良いものにするために、
地域の団体の代表者と、PTA、教職員が話し合いをする場だ。

去年は、そんなもんがある事を知らなくて学区長になったから、
びっくり仰天だったし、初めての時はガチガチだった気がするが、
まあ、要はいつも町内会行事の実行委員会で見る、変わり映えのしない
顔ぶれなので、
緊張もくそもない。

話し合いの内容はシークレットなので、
ここには書けないのだが、
今年のPTA会長が、ほんまわからしてくれる・・・

PTA会長っていうのが、
先日フットベースボールの練習の時に、
私とテンションが似ているといった、パパコーチ、
Fさんだったりする・・・

この会議に出席するPTA代表者は、
今年は会長ではなく、副会長3名なのだが、
そのうちの1人が都合で来れないため、Fさんが代理でやってきた。

自分の席の前には、三角の名札が置かれていて、
当然、Fさんの前には、副会長(女性)の名前があった。

自己紹介の時に、Fさん・・・
「PTAの○上○子です♪」って、その副会長の名前を
高いトーンで言うもんだから、みんな大爆笑w

とにかく、場はなごんでよかった。

が。

校長はなんか面白くなかったんかな。
後でPTA3人呼ばれて、説教みたいなんされてた・・・

まあ、校長も大変だろうけどね。
地域の代表さんで、口うるさいこと言うのが多いからねwww
(私は今回、おとなしーーくしとったわ・・・
てか、時間がなくて、これ言ったらかなり延びるなぁって思って言えなかった)

講演会の講師は、スポーツトレーナー、白石宏さんだ。

超有名なスポーツ選手の治療やメンテナンスを行なってきた方で、
事前にいただいた資料を見ると、
どれだけスポーツ選手に信頼されているかがわかった。

今回の講演会は、保護者と地域の皆さんと教職員、それから、
5・6年生が対象だった。

去年は5・6年生は対象ではなく、
100人満たない保護者と地域の方々のみで、
まあ、寂しかった寂しかった・・・

だから、5・6年生がいるのは賑やかでよかった^^

さて、最初は、お話をしていたのだが、
じゃいこ、睡魔に襲われそうになってきた。

やばいなぁと思ったら、
「話ばかりもつまらないので、ちょっと実践してみましょう」
と、先生は皆を立ち上がらせた。

最初は、今よりも体を柔らかくしましょうって実践。

普通に前にかがんだら、指が床につくかつかないかに
硬くなってしまった、私の体・・・

それを、あることをしたら、手のひら近くまで曲がるようになった。
すげぇ~~!

その後も色んな体験をしたのだが・・・
まあ、要は、「気」を体に通すって事ですな。

基本は、地にしっかり足をつけ、姿勢を正して、
視線をまっすぐ定めてキッと見る。
その時に、姿勢を正そうと思って、へんな力を入れるとだめなのだそうだ。

本当の正しい姿勢でいると、その姿勢は楽なんだそうな。

でね、挨拶も、姿勢が大事。
会釈の仕方でも、胸からパワーを発散するイメージを作ってすると、
気が集まって、
ものすごい力が出たりするのだ。
返事なんかも、「はいっ」ってすぐに返すのと、
だらだら返すのでは、パワーが全然違うらしいよ。

別に、気功をしろというのではないが、
そういう「気」を体に通す事で、
病気になりにくくなるし、(病は気からっていうからね)、
集中力もアップして、学力や体力の向上にも繋がるって話でした^^

今日は日曜参観。
ダンナとてくてく歩いて学校に行った。

昨日の筋肉痛が酷く、上り坂を歩くのがしんどい~~!
それなのにダンナはちゃっちゃと歩いて、
「何?坂道しんどいん?デブだから?」とか抜かす。
あんたの方がデブだよ!!

9時35分に授業始まり。
トップバッターは2階の三女。
算数の授業だった。
ダンナは「これ、国語の授業じゃろ?」とか抜かす。
「いや、算数じゃし・・・」
「え~~!今時の算数は変」
とか言う。
いや、変なのはあんただから・・・

最初が、「文字や絵を見て、式を作る」という目当てで、
「ハムスターが8ぴきいます。オスが4匹います。メスは何匹でしょう」という問題だった。

まず先生が聞いたのが、
「わかっていること」「きかれていること」。

わかっていることは「ハムスター8匹」「オス4匹」
きかれていることは「メスは何匹でしょう」

その時点で、ダンナには算数に見えなかったようだ。

しかし、その後は、私もどうよ?と思ったね。

ハムスターの絵があるんだけど、
このハムスターのどれがオスでどれがメスだと思いますか?ってw
一番目のハムスターと、二番目のハムスターはどこが違いますか?とか。
別にどれがオスでもメスでもええやん!って思うてしもうたがなwww

でもさ、おかしかったのが、
ダンナがオスとメスの違いを見つけて、すぐそばにいる
三女に耳打ちしようとしたことだwwww
勿論びしっととめましたがな・・・

15分経ったので、三女のクラスを後にして、
3階の次女のクラスへ。
ここも算数だった。

ここは、割り算のひっさんをしていて、
ダンナが「これが算数よ!」とか言っていた。
とにかく、ダンナは、計算式がないと算数とは認めないようだ(笑)。
きっと文章題は苦手だったんだろうな・・・

今回、割り算の答えを出すだけでなく、
確かめの仕方をしていた。

(答え+あまり)×割る数=割られる数ってやつだったが、
これがまた、ダンナの算数観とは違うものだったようだ。
首を傾げ始めたwww

72÷3=24 の確かめをするのに、
24×3をするが、それを、暗算でできやすいようにするためか、
20×3と4×3にわけて、
60+12をして、72を出していて、
きっと、ちゃっちゃと24×3をすりゃ~ええじゃんと思っていたに違いない。

そして、「今の教育はだめだ」と決め付ける。

そういう意味では、ダンナと一緒に参観には来たくない・・・

15分経って、ラスト。
4階の長女のクラスへ。

長女は図工だった。
しかし、絵を描くでもなく、工作をするでもなく、
グループにわかれて、話し合いをしていた。

なんだろうと思ったら、黒板に7枚ぐらい絵が貼ってあり、
それと同じ絵が1枚ずつ、各グループにも配られていた。

絵を見て感じたことを話し合い、
その絵に題名をつけるというものだった。

絵の一つは、ピカソのものだとわかった。

ピカソ好き~~~♪
音楽も芸術も、印象派~近代現代は好きなのよ~~^^
でも・・・あれ、他の絵は知らないのばかりだけど、
牛と馬の絵は、ピカソのゲルニカの馬の顔に似てるなぁ・・・

あとは、ルネッサンスみたいなのがありぃの、
印象派みたいなのがありぃの、
違う画風の現代がありぃのって感じだった。

さて、全部のグループの感想と題名が出た後で、
担任の先生が誰の作品か、たねあかしをした。

なんと、全部ピカソ!!!
うそ~~~ん♪♪♪

ルネッサンス風の絵は、ピカソ14歳の時の作品だそうだ。

先生曰く、「想像と破壊を繰り返した画家」。
常に新しい描き方を模索しては壊していく・・・なるほどぉ~~!
ピカソすげぇぞ!

授業参観の後は、PTA主催の講演会があった。
ダンナはとっとと家に帰った・・・
学区長の立場としては、多くの人に講演会に残ってもらうように
促さなければならないので、
勿論、ダンナにも残ってもらうというのが通常だろうが・・・
いいよ、帰って・・・
講演会で私の隣で寝てたら、それこそ笑いものになるからなww

土曜日の朝は、いつもフットベースボール。
当番の日は8時45分に行かないといけないが、
ボランティアでコーチに行くのは、何時でもかまわない。
ということで、のんびり10時ぐらいに行った。

しか~し!
ハードだったぁ~!
私が行った時に、4つのグループに分けて、ノック練習が始まった。

フットのノックは、キック。
コーチ、ひたすらキック。
1・2年生相手のノックは、手加減するので楽なのだが、
それ以上のノックはまじキック(本気のキック)なのでしんど~~~!
で、まっすぐばっかりじゃなく、左右に振らないと、
子ども達の練習にならんし・・・

ノックで既にくたくた~~!

5分の休憩の後、子ども達の守備練習に突入。
コーチたちはひたすらバッターとして蹴って走る。盗塁もする。
3アウトになったら、ランナー戻ってまたノーアウトからスタート。
5回ぐらい3アウトしたかな?
4人のコーチプラス、1・2年2人だけでそれをまわすのだから、
ノック以上にしんどい~~~!

整骨院の先生に言われたとおりに、
テーピング巻いてやったけど、痛いわ!

次は子ども達、バッティング練習。
打順が1~3番までの子がバッターに入り、そこの守備の穴を、
コーチが入る。
3番が終われば、次の3人がバッターに入り、
コーチは新たな穴に入る。
あちこちに守備が上手になるぞ~~~泪

で、監督のほかに、Fさんという、パパコーチがいるのだが、
この人のテンションが、私のテンションと似ていて、
たまたま2人が並んで守備になる時があったのだが、
その時は、守り、うるさい、うるさい(笑)。

いやでも、子どもらも、ここまでとは言わんが、
テンションあげて声出さないと、
試合で、相手の威圧に負けるぞ~~~!!!

そうやってハードなフットを午前中にしたが、
午後からは、卓球の強化練習が待っていた。

前回と同じ、軽くウォーミングアップしたあと、
総当り戦。
きついって!
その後、ダブルスの練習とかして、実に3時間!
長い長い3時間!

脚へろへろだ~~~!

昨日・・・
次女が4時半を過ぎても帰ってこない。

昨日は社会科見学に行ったから、バスが遅くなってるのかな?なんて
長女と話をしていて、長女が小学校に見に行ってくれるって言ったけど、
バスが遅くなるとかないだろう・・・
多分、居残りとかさせられてるんじゃないかなと思い、
しばらく放っておいた。

5時、公民館に行って、その後家に帰ってきても、
次女がいない。もうしばらく待とうと
6時まで待ったが、帰ってこない!
それは絶対おかしいだろう!

次女と仲のいい友達、Rちゃんのお母さんの携帯に電話してみた。

「Rはもう帰ってるし、今ダンスなんよ。休憩時間に入ったら聞いてみるわ」
って言ってくれた。

折り返し電話があり、
「次女ちゃん、学校でMちゃんとSくんと遊んでたってRが言ってるんよ。
一緒に帰ろうと思ったけど、なんか入っていけなくて、声がかけれなかったって」

早速小学校に行こうと、車を走らせたら、またRちゃんのお母さんから。
「もしかしたらMちゃんのおうちにいるんじゃないかってRが」
「ありがとう~~♪、小学校にいなかったら行ってみる~~」

小学校は、サッカーが使っていた。
Mちゃんの家に行ってみたが、ちょっとまてよ・・・
長女が以前、警察にまで捜索願いだしたのに、
押入れの中で寝てたというばかな話があったので、
次女ももしかしたら、ベッドで寝てるかもしれない。
ということで、一旦帰って見たが、
やはりいない。

それで、再びMちゃんのところに向かってたら・・・
次女発見!すぐ捕獲!!
「あんた今までどこいってたの!!!!!Mちゃんのところ?」
「う・・・うん・・・・」
「なんで一旦家に帰らないで行くの!!!!!」
母、怒りがマックス!
「だって・・・遊びたかったんじゃもん!!!」
「家に帰って遊べばいいでしょ!!」
「だってMちゃんもSくんもHちゃんも2丁目なんじゃもん!
あーしは1丁目じゃけ、かえってまた行ったら遅くなるじゃん~~~」
次女号泣。

そんなん仕方ないじゃんね。それが決まりだ。
こっちがどんだけ心配したか(5時過ぎまで忘れてたけどさ・・・)。

まあ、説教しながら家に帰り、
夜の私の卓球の練習には罰としてついて来るなと言ったら、また号泣。
じゃあ、手伝いしたらつれてってやるということで、
食洗器にいれっぱの食器を水屋に片付けさせたり、
先ほど印刷した領収書に、私のはんこをぺったんつかせたりと、
色々こきつかってみた。

午前中は、単位子ども会のドッチビー大会のメダルつくりをした。
メダルっていっても、カラフルなビニールひもに、
あめちゃんを何個かくっつけたものだがww

優勝チームは、メダルの部分が「サラダ一番」。
で、周りに6個あめちゃんがついている。

その他のチームは、大玉のあめちゃんがメダル部分で、
周りに4個のあめちゃん(笑)。

しかし、このあめちゃんメダルを作るのが、結構大変で、
10時から12時過ぎまでみっちりかかった。

さてさて、今日は、サマーキャンプの参加申込〆切の日だった。

毎年100人以上の子どもがサマーキャンプに参加するのだが、
今年は会員自体が140人ちょいしかいないので、
80人ぐらいかなぁと見込んでいるのだが・・・

夕方5時ごろ、知らない電話番号から私の携帯に電話が。
取ったら、三女の保育園の時、保護者会役員を一緒にやったKさん。
意外な相手にびっくりしていたら。
「今公民館にいるんだけどねぇ、なんか、新規でサマーキャンプに
参加したい人がいるのよ」
新規の人は、公民館に持って行ってくださいって事だった。

「でもね、今、館長さんしかいなくて、
館長さん、よくわからないっておっしゃってるのよ」
館長さんは、今年はいってきたばかりの人で、
あまり団体さんの行事の事を把握していない。
大抵、他の職員さんが対処してくれるから。

「で、参加費も持って来ているし、どうしようかとこまってるから、
じゃいこさんに電話してみたの。じゃいこさん、1丁目の会長さん?」
「いや・・・1丁目の会長は別にいて、私は学区の会長なんだけど・・・
でも、大丈夫よ。私でわかるから。今からそっち行くわ」

てことで、急いで公民館へ。
この新規の方は、以前、他のお母さんから、
サマーキャンプから入ってかもしれんからって話をもらっていた人だった。
1年生と2年生の男の子ご入会~~~♪♪

公民館に来たので、
領収書付きの、サマーキャンプに持ってくるもののチラシを印刷した。
80人見込みだけど、一応90枚プラス、新規5枚、合計95枚刷った。

夕飯準備中に、領収書にハンコをつく仕事を次女にやらせた。

さて、夕飯を済ませて7時半。
左足の甲の捻挫は大分良くなり、
昨日のフットベースボールの練習では、蹴って走ってみたりしたので、
(さすがに全速力は痛かった・・・)、
卓球の練習も無理のないようにやってみようと行ってきた。

その前に、1丁目だけ、新規の方の参加費も預かっているので、
単子会長のところへ寄った。
先ほど次女がはんこをついてくれた領収書も持って♪

1丁目は、会員数が75名。
2人はいったから77名だぁ^^

1丁目会長のTさんからは、中間報告と題してメールをもらっていて、
朝の時点では参加者35名だったが、夕方にどどどっと来て、
43名になったと書いてあった。

ということで、一応50枚の領収書を持っていったのだが。
「あれから4人増えて47人になった~」
うわ!ぎりぎり!!
それでも今日いっぱいが〆切なので、まだ増えるかもしれない。
〆切後に持ってくる人もいるしね。
1丁目はまだいるかもねぇ~~

その足で小学校へ。
久々の卓球、足に根が生えたように動けない・・・
なさけねぇ~~~!
まあ、いいか。2週間じーーーーーっとおとなしく過ごしてたんだし。

そんななまった体で、今日は、練習に来ているメンバー5人、
総当たりで試合をしようって!!!

1人あたり3セットマッチ。2連勝しても3セット目までやる!
で、4人とやるので、12セット!!きつぅ~~~!

というのがね、7月11日に試合があるのよ。
それの強化練習ね^^

でも、ほんとキツかったわ・・・
全然体が言うこときかんし~~!

ちょっと遅れを取り戻さないといけんなぁ・・・

今日は予告どおり、子ども会役員仲間、Sさんのお宅へお邪魔した。

SさんのいとこのOちゃん。
13年ぶり~~♪
全然変わってなかったし、全然変わってないって言われた~~^^

近況を話し合い、昔話に花を咲かせた。

Oちゃんのほかにも、
ご近所の同級生のお母さん、MさんとYさんもいた。

この2人は私は面識がなかったんだけど、
Mさんは、実は職場がほんのちょっとだけ一緒だったことがあったり、
Yさんも、保育士の免許持っていて、ピアノが弾けたりと、
音楽つながりだった^^

そして、Sさんも、中学までピアノをしていて、
しかも、この辺では有名なコンクールに入賞してたりする
かなりのレベルの人だった!!

たこ焼き焼きながら、ソーメンやみんなが持ち寄ったおやつ食べながら、
本当に楽しいひとときを過ごした。
(ちょっとたこ焼きとおやつ食べ過ぎて、お腹苦しかった・・・)

朝一で公民館へ広報誌の誤り訂正とお詫びの文書を刷りに行き、
広報部のFさんと一緒に小学校へそれを配りに行った。

家に帰ってしばらくして、
メールが来ている事に気付いた。

おお!大学時代の友人Tからだ。
今から遊びに来ない?ってメールだ。
すぐさま電話をして遊びに行った。

Tは、同じ学科の友人で、春休みに、
結婚式場の聖歌隊の仕事をくれた人だ。
遊びに行くのは1年ぶりぐらいか?

Tと話していると、話が途切れることがない。
1年分の話題が溜まっているという事もあるけどねww

Tの周りは、なんか大変な事件が相次いで起きている。

去年の11月に、Tの長男くんの通う幼稚園で、
3歳の女の子がすべり台にポンチョの端っこがひっかかり、
首を吊ったような状態になり、数日後に亡くなったという事故が起きた。

それが長男くんのクラスの子で・・・

最初その子のお父さんは、我が子が亡くなった事に実感が沸かなくて、
いつか帰ってくるんだと思っていたらしいが、
やがて、そんな日は来ないとわかると、
怒りに身を任せる事しかできなくなり、
その怒りを幼稚園にぶつけて、
「幼稚園を潰してやる」とか「ここの園児を同じような目にあわせてやる」とか
恐ろしいことを言うようになったらしい。

警察に言ったら、「言うだけで、何もしてないから云々」って相手にしないんだってさ・・・
だから警察はダメだって言われるのよ!

まあ、そんな脅しをかけられて、保護者たちはハラハラドキドキしているのだが、
そうやってそのお父さんをあおっている保護者っていうのがいるらしい。

それは、お父さんの事を思ってとかでなく、
とにかくにぎあわすのが大好きなグループで、
事を大きくするのだけが楽しみなのだそうだ。

あとは、先月、女子高生強姦未遂で逮捕された人が、
Tの家の斜め前の人だとか・・・

息子が高校生、娘が小6で、
どちらもいい子だし、奥さんもお金持ちのお嬢さんの娘で綺麗で、
幸せを絵に描いたような家庭だったらしい。

毎日同じ電車に乗る女子高生に、以前から目をつけていて、
ある日、無理矢理脅してタクシーに乗せてホテルに連れ込み、
その子がホテルの人に助けを求めたため御用。

奥さんは、気丈にも、ニュースになった当日も
子ども達を学校に通わせ、いつもどおりの生活を送るようにしているのだが、
やはり、野次馬達は、車でこの道を通るときに、
その家の前で一時停止をして覗いていってたらしい。

まあ、そんな事故や事件が起こって、
人間の汚い部分っていうのを見て、うんざりしていたTであった。

うちの町内にも、いろんな人がいるが、
そんな話を聞くと、かわいいもんだなぁって思った。

明日は、やはり大学時代の友人なのだが、
専攻の違うOちゃんに会う予定になっている^^

朝から、区の役員研修会だった。
レクリエーション協会の先生による、ゲーム研修と、
他学区との意見交換会が研修内容だった。

ゲーム研修はとっても楽しかった。
色々な人と触れ合えるようなゲームだったし、
めっちゃ必死になったし(笑)。
今後の子ども会活動に役立つものばかりだった。

他学区との意見交換会は、
ゲーム研修の時に、たまたま一緒になった人たちとのワークショップ。

その中に、引っ越す前の小学校のお友達のお母さんがいた!
ていうか、引っ越す前の学区の役員さん、知り合い多いのにびっくり。
4人いたよ、4人!
うち1人はあまり仲良くなかったので、話はしてないけど、
あとの3人は仲良しさんだったので、「めっちゃ久しぶり~~~!」とかって
ちゃびちゃび喋ったよ。

話を元に戻して、意見交換会。
もう、これは、本当に、自分の学区がどうであるって話をするだけで、
子ども会会員の減少をどう食い止めるかとか、
より楽しい行事を行なうにはどうればいいかとか、
そんな問題への解決策の結論を求めるものではなかった。

もうねえ、それは無理と思ってる。
それは、全国子ども会連合会の広島大会で、
ワークショップのお手伝いをした時にすごいわかった。

その地域地域で、状況は違うのだ。
例えば、地の町内会や小学校PTAが権力を持つI学区は、
強制的に子ども会に入らされるので、100%の加入率だが、
それが決していいとは思えないと、本人達は言う。

わたしが引っ越す前の、Y学区は、
I学区と同じぐらいの歴史があるので、地の町内会が幅をきかせているが、
新しい人も多いので、
町内会にへーこらしないといけないという事もあって、
加入率といったら、すこぶる少ない。
で、小さい町内会の下に単位子ども会がついてるって感じで、
本当に単位子ども会が独立していて、
たとえ、会員が減少しようとも、合併なんてことは絶対ありえなかったりする。

私のとこのA学区は、
加入率は40%前後と落ち込んできているのだが、
新しい住宅地ということもあり、
町内会に子ども会が縛られるという事は全くないので
(そりゃ、行事のたんびに実行委員会にかりだされはするけど)、
子ども会が単独で好き放題できている。
(でも、その上にKさんがいるって事が前提だけどね)。

と言う風に、地域の特徴が全部違うのだから、
I学区みたいに100%の加入率にしたいといっても、
それは無理な話で。

まあ、色々な体制を聞けたのはよかったわ^^

12時半過ぎに家に帰り、
急いで昼食をして、13時半に公民館へ。
29日に単位子ども会で行なうドッチビー大会の話し合いだ。

5・6年生を集めて、ドッチビーの細かいルールやお約束を決めさせ、
実際、そのルールでドッチビーをやらしてみた。
3時に子ども達を帰らせ、そこから親役員で話し合い。
6時までかかっちゃった。

買出しやら、おみやげ作成やらの日程を決めていったのだが、
サマーキャンプの準備と平行しながらなので、
スケジュール帳がなんかやけに黒くて嫌だ~~><

今日が父の日だってことを忘れてたわけではないが、
全く何も買い物をしていない。
5時の時点で、親役員の話し合いの時もいた長女に、
ダンナに何が食べたいか聞いて来いと言って帰らせたが、
電話一つよこさない。

家に帰ってなんで電話せんのかと聞いたら、
「パパが何がいいかわからんって言うんだもん」
・・・・

で、結局、ダンナはその場で、
「ケンタが食べたい」と言うので、
買いに出た。
お手軽なダンナ・・・

食事の後は、子ども会の連絡網を流して、
先日発行された子ども会の広報誌の間違いの指摘を、
広報部さんにして、
その間違いは、半分は私の間違いなので(笑)、
私がお詫びと訂正の文書を作った。

明日それを刷って、広報部さんと一緒に小学校に配布する予定~。

お菓子の詰め放題でも、野菜の詰め放題でもない・・・
スケジュールの詰め放題!いらねぇ~~~><

土曜日。
午前中、フットベースボールの当番だった。
足の捻挫が完治してないってことで、いつもよりも楽させてもらっちゃった・・・
ごめんね^^

午後に買い物に行き、16時半に公民館へ。
町内会からの助成金をもらうためだ。
しかし、どうやら、6時半の間違いのようだった(笑)。
いや、18時半ってわかってたのよ。
でも、6時半から7時半までの引渡しって聞いたけど、
19時から別の会議が入っているので、無理でしょ~~!って思ったのだ。

で、丁度、公民館に町内会長さんいるし・・・
でも、私の顔を見ても、助成金を渡す気配がないので、
違うと確信したのだ。

で、間違えて来たって言うのが恥ずかしいので、
公民館での別の用事をする事に。
先日、2回目のサマーキャンプ実行委員会の部屋を
別の広い部屋に変えてもらったのだが、
やっぱり、時間通り始めたいので、
元の部屋に戻してもらうことにした。
したら、そこの部屋、キャンセルしてもらってたもんだから、
また申請書を書かないといけなくなった。
( ̄д ̄)チッ

で、町内会長のAさんが、なんかの話を私に振った。
どうやら、私が間違えた助成金の話のようだ。
いつも図書室で受け渡しなのだが、
19時まで使えないと公民館の事務の人に言われたようだ。
で、助成金を受け取りに来るのが何人かって話だったみたいで、
「5人ぐらいで、1人はここにおるじゃいこさんよ」と振られたのだ。

「あ、でも、7時から盆踊り実行委員会ですよね?
それ以降に来られた方にはどうやって渡すんですか?」
自分が間違ったことを隠し、何気に質問する。

「あ~、あれはうちの会計がするから俺は関係ないの」
「あー、なるほど」
去年は会長もとなりにいたのになぁ。

ということで、早々に夕飯を作って食べ、
18時40分ぐらいに再び公民館へ。
すると、ロビーに会計さんらしき方が。

「子ども会です~♪」
「あ~、お世話になります。子ども会さん、いくらでしたっけ?」

え・・・いくらでしたっけってwww
去年は、きっちり封筒に入れて準備してくれて、
既に金額の入った領収書にはんこ押した覚えがあるぞ。

「51万です~♪」
「え~、それじゃ、足りないです」

・・・・えええええ!!なにそれ!!!

「改めて持って行きますので、お名前と連絡先教えてください」
これ・・・銀行とかだったら、ぷっちん切れてたぞ。
でも、まあ、町内会の役員さんなので、
怒るわけもいかず、名前と電話番号を書いた。

1週間ぐらい後になるかもって・・・
サマーキャンプもあるし、早く欲しいんだけどな・・・

さて、19時前に2階の研修室へ。
19時から、盆踊り実行委員会があった。

なんか、1日に予定していたのだけれど、
河のクリーンキャンペーンと重なったため、
8日に変更していいですかって話から始まり、
それにブーイングが出てこまったww

まあ、なんやかんや話し合いをして、
20時過ぎまでかかった。

その次には、別の委員会が待っていた。

集会所建設準備委員会とか・・・
なんで私がwwwみたいな委員会だった。

半分ぐらいのメンバーが入れ替わり、話し合い。

集会所とかって、市とかに登録してる会社が施工するのかと思ったら、
誰がしてもいいらしい。
で、その施工主を公募したり、つてを探して
私らが決めるとか・・・なにそれ~~~!
そんな重い役いらんわ!!!

それが21時まであり、解散~。

時間的には楽だったけど、町内会、1日に色々やりすぎ~!

先日調子が悪くて修理に出したプリンター。
どうやらヘッドが悪く、交換しないといけないのだが、
ヘッドの在庫がないので、
新しい機種と交換だって~~~!!!

え~、これは、たった9千円で、新しいプリンターを買ったと同じ??
ちょっとラッキー♪

さて、引き取りに行くと、本当に新品のプリンターをくれた。
只今インストール途中。
ついでに、これがどんなプリンターなのか、検索。

キャノンのPIXUS iP4600。
価格は、ビッグカメラで14000円ぐらい。
最安値は1万ちょい。
そんなに高くはないのか・・・
3万円ぐらいのプリンターならすげぇ~!って思ったが。
まあ、14000円通常でも、5千円安いわけだから、
よしとしようじゃないか。

早速、ためし刷りをしたのだが・・・
うほ~~!綺麗~~~!!
これからまた印刷物たくさん作らないといけないんだけど、
こんなに綺麗だったら、張り切って作るわ~~♪


実は昨日、三女の誕生日だった。
7歳だぁ~^^
しかし、サマーキャンプ実行委員会&役員会が入っているので、
お誕生日会ができなかった。

11日にしようかと言っていたが、ダンナが夜勤だったので、
これも無理。
ということで、今日することになった。

何を思ったか、三女は焼肉屋で焼肉が食べたいと
数日前から言っていた。
家で焼肉すれば、安くあがるのに・・・(つω`、哀)

それを聞いた長女が、
「焼肉屋に行くなら石焼ビビンバね!」って言ったもんだから、
私も石焼ビビンバが食べたくなったぞw

まあ、そういうことで、数年ぶりの焼肉屋だぁ!
今回行った所は、ダンナと結婚する前からよく行っていた場所。
子供が出来てからは2~3回しか来ていなかったので、
本当に久しぶり。
でも、ここの店長さん、ダンナの顔を覚えていた^^

いやぁ、久々に美味しかった~~!
石焼ビビンバも食べたし(笑)。
当然、お値段も張ったが、でも、この味なら満足^^

今夜は、20時からお寺の例会に行く予定だったが、
まあ、このお誕生会があるから遅れていくということを伝えていた。
帰ったら、9時前!はよいかんと~~~!

ケーキを食べずに即お寺へ。

みんなに、まず聞かれたのが、
「次女~、足治ったか?」

「うん、治った~~」
と、次女。
「でも今度はママがこんな状態」
とご丁寧に私の足を指差す。
「じゃいこちゃん・・・それどうしたの・・・」
「うん・・・次女のがうつった」
「いや・・・ひびはうつらんじゃろ・・・」
「まあねぇ・・・」

なんて冗談を言い合っていると、
なんだか急にお腹が痛くなってきた。

最初は我慢してたけど、もう、痛くて痛くて・・・
思いっきり下した・・・(哀ノД`)゚+.゚゚+.゚
それも何度も何度も・・・しんどかったよぉ・・・

久々に食べた高級焼肉が私の体に合わなかったのかもしれん(笑)。

ちょこちょこっと今度出す季刊誌の原稿のテーマと〆切日を決めて、
とっとと帰った。
一体私は何しに来たのか・・・

今夜はケーキが食べられなかったので、
明日、食べるぞ!(何日がかりの誕生会よ・・・)

あ~~も~~~、今日のサマーキャンプ実行委員会は、最低だった!

まあ、一番悪いのは私なんだけどね・・・

今日は、会議室でトライアスロンの実行委員会もあった。
そちらの実行委員と、こちらのサマーキャンプ実行委員が6人ぐらい
重なっていたのだ。

私がそこで、日にちをずらせばよかったのだろうが、
もう、その日って決めたことだし、また次の日とかにずらせば、
その実行委員さん、2日続けて夜出てこないといけないので、
それは申し訳ないなぁなんて思って、結局、同じ日にすることにしたのだ。

私は、そこの人らが、時間差攻撃で来るのかと思ったのだが、
どうやらそちらの実行委員会を済ませてから全員で来る事になったらしく、
こっちは7時半開始なのに、8時になるとか言って・・・

そしたら、トライアスロンに関係ない団体の代表の方が、
カンカンに怒っちゃってねぇ><

とりあえず、今いる人だけで始めようと、7時40分から開始。
サマーキャンプの内容説明と、
去年どおりのお手伝いをしてもらえるかという確認をとって、
8時に終了。
7時半に来て下さった団体の代表さん(たったの2名だった(笑))には
お帰りいただいた。

終了して、トライアスロン組が来るまで、学区の役員会しよこうかぁって
言っていたら、トライアスロン組が続々とやってきた。

もう、内容は飛ばして、
お手伝い確認を、一団体ずつしていき、
8時半過ぎに終了。

元々7時半から8時までの実行委員会だったのに、
30分オーバーだ><

さてさて、そこから、本来の学区役員会を開始。
ちゃっちゃかしないと~~~!
報告はマッハの速さでお願いしますって事で、各部さささーーっと済ませ、
サマーキャンプの詳しい流れと、各係の時間帯、事前準備の確認などをした。
しかし、やはり30分のロスは大きかった。
無理矢理終了して9時40分。

育成指導のKさんが
「はよせんと、はよせんと!ここは元来9時半までなんですからね!」
ってがーがーまくしたてて、片付けをした。
(でも、10時まで部屋とってるのよ・・・)

なんか消化不良な会議になってしまい、ため息・・・
まあ、なんとかみんなとメールや電話で連絡とりあって、
来月の役員会までになんとかしましょう・・・

以前から色の出具合が悪く、
クリーニングして、その時はいい色なのだが、
次にはすぐくすんでしまっていた。
人の顔とか印刷した時にゃぁ、顔色悪いったらありゃしない。

それはなんとか目をつむっていたが、
ついに、印字が二重になってしまい、
修理に出すことに。

5年間保障つけていたのだが、
期限が今年の1月で切れていたil||li ▄█▀█● il||li
9千円の出費、痛い・・・

あーあ。やっぱり捻挫だよ・・・il||li ▄█▀█● il||li
足の甲とかw普通しないよな・・・

整形外科でレントゲンとってもらって、
骨には異常がないから、関節の炎症でしょうって言われた。

その足で、整骨院に坐骨神経痛の治療に行ったら、
「どうしたんですか、その足は!」ってものすごい食いついてきた。
整骨院も、捻挫の治療するもんね・・・

「えへ・・・卓球の試合でひねったみたいで、捻挫です」
「病院に行かれたんですか?」
「はい。さっき。」
「だから、包帯が綺麗なんですね。重度は何度だって言われました?」

重度って何・・・

「いえ、そんなのは言われなかったんですけど・・・」
「え~、言われなかったんですか?」

この整骨院の先生は、藤原竜也似のイケメンだが、
とっても批判的なものの言い方をするのがちょっとね・・・

例えば、整体とかカイロプラクティックとかっていうところで、
腰痛や肩こりの「治療」をするっていうのを
すごい批判する。
あいつらは国家資格はないから、「治療」をするのは違法行為だみたいなw

整形外科とか内科に対しても、たまーに批判的な事を言う。
きちんと診断していないだとか、そんな大した治療器置いてないだとか(笑)。
今回の「重度」の話も、そういう批判の一つだろう。

「それは言われなかったんですけど、関節が炎症を起こしてるって」
「え~~、関節ですかぁ?一体どこをひねったんですか?」
「えっと・・・足の甲です・・・」
「ここじゃなく?」
先生が足の横の方を触る。
「じゃなく、この辺です・・・」
うつぶせに寝かされてる私は、手で示せないので、
もう片方の足で、痛いところを触った。
「へぇ~~!珍しいところひねりましたねぇ」

自分でもおかしいと思うわ・・・

「まあ、2週間ぐらいは大人しくいい子にしてるのが一番ですよ」
「はい・・・」

「いい子」とか言われた(笑)。

今日は実に23年ぶりの卓球の大会の日だった。
7時50分に待ち合わせをして、みんなで車に乗り合わせて行き、
家に帰ってきたのは、18時前。
長丁場の大会だった。

もうねぇ、私は実践向きではないって思ってたのよ。
基礎打ちはとってもきれいなフォームなのに(自分で言うな?)、
試合形式でやると、とたんにフォームは崩れるし、
そのせいで入るものも入らないし、
入らないから、確実に入れるために、ゆるーい球打って、
相手にスマッシュ打たれておしまい~~とか。

だから、今回大会に出るにあたっても、
とりあえず1点でも取れればいいわぁぐらいな弱気な態度で
のぞんでいた。

この卓球大会。
おじちゃんおばちゃんばっかりだった。
いや、おばちゃんっていうか、おばあちゃんに近い方々ばかりで・・・
私たちのチームは、「若い」と言われるのだ!
「いやぁ、ここの若いエキスもらわなきゃ」って
私らの後ろでパタパタお香の匂いを自分に浴びせるようにしてるチームいたし!

ってなおばあちゃんに近いおばちゃんたち。
これが強いのなんのって!
本気で強い人もいれば、
フォームぐちゃぐちゃだけど、なんかやたらと癖のある変化球打ってくる人もいたり。
それが取れないんだなぁ!!!

まあ、勝ったゲームもあったけれど、
ほとんど負けた(笑)。

でもね・・・
どうやら私は、よその人と対戦すると、動きが違うらしい。

うちのチームにKさんという人がいて、
私はこのKさんのフォームがワイルドで激しくてかっこよくて好き~~♪って
話をしていたのだが、
試合中の私の構えが、まさにそのKさんそっくりなのだそうだ。

「え~~、私あんなにカッコよくないし」
「まあ、サーブとかは違うけどねぇ、後姿がほんとそっくりなんよ。
練習の時にそっくりなんて思ったことなかったのにねぇ」

そして、Kさん本人からは、
「いやぁ、めっちゃパワーある試合するねぇ!」と言われた。

Kさん曰く、やっぱり私とKさんは似てるらしい。
「スマッシュもねぇ、もう、決まった時は、すっごい綺麗だし、
力のある球だしねぇ!ただ、失敗するときは、なんでかジャンプするんよね。
私もそうだからわかるけど、あれがなくなれば、絶対伸びるよ」
と、お褒めの言葉をいただいた。

パワーがあるとか、力があるとか(同じ意味じゃ)は
自分で打っててもよくわからないけれど、
確かに、攻撃的ではあったと、自分でも思う。

20年以上昔で、すっかり忘れていた、
失敗したときに、ラケットで激しく太ももを叩く癖が出た時に、
それを痛切に思った。
そこから、ことあるごとに相手を威嚇する、
激しい足音を立ててスマッシュ。
あんなにスマッシュ打つのが恐かったのに。

でも、やっぱり練習の時にスマッシュあまり打ててないもんだから、
失敗することも多し。
それで何点損をしたことか。

なんか勝てそうな試合で負けたのが悔しかったのと、
スマッシュのコツをつかみかけた頃に試合終了した悔しさ
(悔しさしかないんか)があって、
こりゃリベンジせにゃいかんなと、燃えてしまった。

早く練習がしたい!!!

それはいいが・・・もしかしたら、足の甲を捻挫してしまったかもしれん・・・汗
明日まだ痛かったら、整形外科行こう・・・(;^ω^)

夜、前副学区長のMさんから電話があった。
サマーキャンプの質問だったんだけど、
その話の後に、うちの次女に会ったという話になった。

「ちょっと、次女ちゃんから聞いたけど、
職探ししてるってほんと?」
「うん」
「なんで~~~???職探しする必要がないでしょ」
「だって生徒少ないもん」
「宣伝すりゃぁええじゃん~~」
「だって宣伝なんて恥ずかしい」
「もったいない~~~!じゃあさじゃあさ、じゃいこさん、
子ども好き?」
「うん」
「9月なんだけどさ、身内の友達が託児所開くんよね。
それの保育士とかしない?」
「私、中学校の音楽の資格はもっとるけど、保育士はもっとらんよ」
「いや、そこの託児所は資格いらんのんよ。ピアノが弾けたら凄いうれしい。
てか、中学校持ってるん?だったら臨採申し込んだらええじゃん!」
「え~、臨採って、こんな歳でもOKなん?年齢制限あるんじゃないん?」
「大丈夫なんよ!何が嬉しくて、事務だとかホールだとか受付だとかの
仕事をしようとするのかがわからん。もったいない!」

と、延々50分弱喋った。

そうかぁ・・・臨採OKなのかぁ・・・
考えてもみなかったなぁ・・・
まあ、それこそ、いつやってくるかわからない職だけどね。
ちょっと考えてみよう。

今日は小学校で、3・4時間目に音楽観賞会があった。
今年はソプラノとテノールの演奏会。
見れば、ソプラノは私の母校の卒業生だった。
名前を知らないので、きっと後輩だろう。
興味津々で聴きに行った。

テノールは、県内の音楽大学卒業後、イタリアに留学し、
色々コンクールにも入賞しているという人。
だが・・・
ん~・・・
私のタイプの声ではなかった(笑)。

体育館が響かないのもあったけどねぇ。

ソプラノさんは、常にマイクを持ち、トークをしながらの進行だった。
音楽の先生の紹介だと、司会も勉強されているということで、
確かにトークは上手かった。

だが・・・
ん~・・・
トークはマイクでいいが、マイクで歌を歌うのは邪道だし!
マイク使ってるからだろう。低音とか、口で歌ってるし。
もっと腹で歌えよぉ!

もうそこでちょっと私は引いたのだが、
「日本の四季」なる、日本歌曲のメドレーの2人のデュエットで、
もう、私はどん引き・・・

まず、楽譜を持っている。
まあ、楽譜を持つのは許そう・・・でも、楽譜にかじりつきってどうよ?
いかにも数回しか歌った事ありません~~~状態じゃん!

そして、2人のはもりバランスが最悪!!
テノールがメロディの時ははもりのソプラノがでかい。
ソプラノがメロディの時はテノールのはもりがでかい。
たまにちゃんとはもれてないし。
マイクのせいにするなよ?マイク使う事自体、私の中では邪道なのだから。

テノールが多分マイクのせいだろう、遅れる。
マイクのせいにするなよ?2

そして極めつけ、楽譜持ってるのに間違えやがった!!!
きーーーーー!!!

このメドレーがもう長くって長くって、
え~、まだ夏~?まだ秋と冬が待ってんのぉ?
この下手くそなのいつまで聴かせるつもりよぉ~なんて思いながら、
顔をしかめて聴いていた。

でも、子ども達は拍手喝采。
ソプラノさんのトークで「すごいと思ったら拍手してくださいねぇ~」ってのがあって、
高音を伸ばすところとか、いちいち拍手するんよね。
すごくもなんともないわい!って私はまたはすに構える。
嫌な保護者だわwww

子供が帰ってきて、感想聞いたら、
「みんなすごいねぇって言ってたよぉ」って。

一つだけ収穫。
小学校のよいこのみなさんは、
「声楽」の声に引かないのねぇ~~!

私はいつも、小学生って、ああいう声、きもいとか思ってるんじゃないかなって
思っていたので、
よその子どもの前でベルカント唱法で歌う事を避けてきていたが、
「すごい」って思うのね。
じゃあ、子ども会でコンサートとか開いちゃう?w

実は先週の水曜日、パートの面接に行ってきた。
電話の時点で断られる事が多いので、
面接までこぎつけたことを、大変嬉しく思っていたが・・・

採用の電話がかかってこないので、どうやら不採用のようだil||li ▄█▀█● il||li

ということで、また初めから職探し。

昨日見つけた求人で、
「演奏家募集」というのがあった。
ブライダルやパーティでの演奏が仕事。
楽器はなんでもいいらしい。

私は2回ほど、チャペルの聖歌隊の仕事をした事があるので、
これは是非ともやりたい!!
(でも、土日、あんまり空いてないんだけどね・・・)

これは土日祝がほとんどだろうから、
平日は平日で探さなければならない。

とりあえず、演奏家募集のところにWEB応募した。

昼に電話があり、面接は7月1日にあると告げられた。
この派遣会社は東京にあり、
広島の青少年センターというところに、出張面接に来られるらしい。

「ここで、オーディションを受けてもらいます。
2曲課題曲を郵送しますので、この日までに練習してください」

おおおおおおお!!!
久々に聞いたぞ、「オーディション」という響き♪
俄然やる気が出てきた。

WEB応募で、最終学歴を書く欄があって、そこで「声楽専修」と書いていたからだろう。
声楽の課題曲だった。
はよ課題曲来い~~~♪♪♪

さて、平日は何をしようか・・・
実は土曜日に新聞の求人折込チラシでいいやつを見つけていた。
葬儀場の受付だ!!!

ブライダルに葬儀場・・・冠婚葬祭だぁ!!!

葬儀場のパートなら、むしろ、司会をしたいなぁと思うが、
まあ、そんな求人はないので仕方がない。

早速電話をしてみたが・・・

「ここの仕事は、当たり前ですが、予定が全く立てられませんので、
急に入った時にすぐ入ってもらえる方が欲しいのです」

まあ、そうよねぇ・・・泪
先日、姉の嫁ぎ先のお母さんが亡くなられて、
この葬儀場の別の支店で葬儀をされたのだが、
受付は、葬儀の時は親族やら故人の会社の人やらがやって、
結構人手が足りてるのだが、
通夜が少ないので、葬儀場の人がされていた。
当然通夜は夜にするからねぇ・・・

ということで、また電話の時点で断られた。
また探さなきゃ・・・

今日は子ども会のインリーダー研修会があった。
インリーダーというのは、5・6年生の、子ども会のリーダーだ。

主催は、学区子ども会の育成指導員。
私はお手伝い程度なので楽だった^^

今日は、外でキャンプパン(?)を焼こう!という企画だった。

パンの生地は、まあ、普通にイーストを入れてこねこねするのだが、
テーブルにダーンダーンって叩きつけるほど必死にせず、
とりあえずまとまったなぐらいでOK。
発酵は、ボールに入れてラップをして、天日でする。

1次発酵をしている間に、
サマーキャンプの夕食メニュー、ナイトレク、クラフトで
それぞれ希望のものを各班で話し合って出した。

夕食メニューは、カレー・バーベキュー・うどん・寿司・シチュー等々。
ナイトレクはキャンプファイヤーに肝試し、
光るボールで夜のドッチボール大会ってのもあった(笑)。
クラフトでは、女の子は、勾玉・ネックレス・ミサンガ・紙粘土の人形等々、
男の子は水鉄砲、ゴム鉄砲・・・

そろそろいい頃合に外へ出て、
発酵した生地を8等分にして丸め、2次発酵。
発酵の間に、パン生地を巻きつける竹に、キリで穴を開ける作業をする。
これは、竹が割れてはじけるのを防ぐためだ。

できた人から、火を着ける準備をする。

2次発酵が完了すると、先ほどの竹に、
パン生地を巻きつけ、焼き始めた。
blead.jpg
こんな感じ。
ついでにウインナーも、パンがだいたい焼けた後に
網を置いて焼いた。

公民館の部屋に戻り、会食。
おいし~~~♪

そして、会食しながら、希望を絞り込む。

このキャンプパンを夕食に取り入れたいという思惑が
育成指導員Kさんにはあった(笑)。
それは私もよーーーくわかっていたので、
私もそれに賛成した。

毎年夕食の主食はご飯で、飯ごう炊爨をするのだが、
もうねぇ・・・この飯ごう炊爨が、色々大変なのよ。

まず、ボランティアで来てくださるオヤジと、
中学生以上のジュニアリーダーとの激しいバトル(爆)。
それを見ている私に、
「もう!あのおじさんたち、おかしいですよねぇ!!」と
同意を求められても、
どっちの味方もできんわ!!!

そして、この飯ごうの後片付け・・・
これが本当に大変!
誰が大変って、夕食係さんよ!

今回、インリーダー研修には、
夕食係になった数名の役員さんも来ていたので、
その、飯ごうを洗う大変さを吹き込んだ(笑)。

でも、こちらの思惑どおりには子どもたちは動かない。
やりたいものを絞らせたら、
散らし寿司とか、手巻き寿司とかになった(爆)。

手巻きは、刺身が夏場の外で使えないので却下。
散らし寿司なら出来ないことはないし、
むしろ、夏の暑い時に酢物は食欲をそそるからいいって話にもなったが、
でも、結局、このパンと、
それだけでは足りないかもしれないので、
炊飯器でちょっとご飯を炊こうって事になった。

今日は、サマーキャンプの参加者募集チラシを配るために、
学校へ行かなければならなかった。

9時ジャストに公民館へ行き、400枚ほど印刷し、一旦家に戻ると、
夜勤明けのダンナが、H子ども会会長のTさんから電話があったと教えてくれた。
早速電話すると、サマーキャンプの夕飯係の事だった。

色々はなしてると、Tさんも、今日小学校に行くらしく、
図書室で落ち合う事に。

10時前に生協が来て、それを終わらせてから小学校に向かうと、
丁度Tさんも同じごろにやってきた。

Tさんは図書ボランティアで来たらしい。
チラシを各クラスのボックスに入れ込んだ後、
図書室へ直行。

図書準備室で、サマーキャンプの事やら、
今月のH子ども会のドッチビー大会の事やら話し合っていると、
他の図書ボランティアのメンバーが、
本を2冊ほどもってきて、
「真似でいいから、本を修繕してるポーズしてぇ~」って言った。
どうやら文化委員さんが広報誌を作るための
写真を撮りに来ていたようだ。
なんで私までが(笑)。

Tさんの仕事中にお邪魔して申し訳なかったので、
とりあえず、真似だけでなく、本当に本の修繕をした。

文化委員さんが帰ったあと、
図書ボランティアさんが全員準備室に集まり、
今後の活動の話し合いをするという事になった。
おいとましようかと思ったら、
「じゃいこちゃんもお茶していきんさい~」と誘われ、
結局、話し合いにも参加・・・
そのまま図書ボランティアにひきずりこまれた(笑)。

いやぁ~~、今日はいいものを見させてもらった。

昨日、実家の義姉から突然電話があり
「明日の昼空いてる?」と聞かれた。
「うん。空いてるよ」
「あのね、『おくりびと』の原作者の講演会があるんだけど、
1人都合で行けなくなって、チケットが1枚余ってるんよ。
じゃいこちゃん、行く?」
「おおおお!すごいじゃん!私でいいの?」
「うんうん♪」

てなわけで、義姉と母と私と3人で講演会に行ってきた。

13時開場、13時半開演の講演会だったが、
義姉は11時過ぎに迎えに来てくれた。
どうやらこの講演会の主催は、うちの区の仏教婦人会のようで、
観客はばーさんじーさんがほとんど。
年寄りは、やたら早くに会場に行きたがる。
だから、早く行かないと駐車場がなくなる・・・汗

11時半ぐらいについたけど、すでに車がかなーーーーりきていた。
まあ、停めれたから良かったけどね^^

その会場の最上階のレストランで昼食をとり
(ここも、既に講演会を見に来たじじばばでいっぱい)、
12時半前にホールに行ったのだが・・・
開場30分前だというのに長蛇の列。
さすがじじばば!
もうちょっと後で並ぼうかぁって言っていたけれど、
13時ちょっと前の時点で、その長蛇の列は、2階のホール前から
階段につづき、一階のホールもまだ続き、外まで繋がっていた!!!
アイドルのコンサートですか~~~?!

さてさて、無事席に着くことは出来た♪

最初は、仏教賛歌中心の合唱グループの演奏会だった。
龍谷大学や京都女子大などで、仏教賛歌を歌ってきた
人たちのグループで、
特に、男声には惚れ惚れした。
まじで龍大のグリーは上手いしねぇ~~!
ちょっと女声、特にソプラノは弱かったなぁ・・・・
いや、すっごい綺麗な声なんだけどね。
がんばらず、そっと出す声なんよね。

休憩時間に義姉とソプラノ談義。
「もしかしたら、指導者の指示かもしれんね。
ソプラノがキンキン出たら、仏教賛歌のイメージが崩れるとか」
「まあ、確かに綺麗ではあったけどねぇ。
私には絶対真似できん声だわ」
「私も駄目。ソプラノ声張り上げてなんぼみたいな(笑)」

義姉も大学の時に合唱部に入っていたので、
そんな会話が出来て楽しい^^

休憩を挟んで、ちょこっと詩の朗読があり、
その後、おくりびとの原作者の講演が始まった。


この方、「青木新門」さんという。72歳だが、そんな歳は全く感じさせない、
見た目も喋り方も若々しい方だった。

『おくりびとの原作者』というのは、正しくない。

元々青木さんが書いたのは『納棺夫日記』というもので、
もっくんが、その本にいたく感銘を受け、
是非映画化したいと青木さんに直談判したのだ。

それからもっくんはずっと、この納棺夫日記で映画を作ってくれる
監督と脚本家を探し回っていて、
ようやく見つけてできた脚本を
青木さん本人が見たところ、原作と随分違うので、
最初は訂正を求めた。

が、脚本家は、これは直せない、もうこれで撮影が始まるというので、
だったら、これは自分の『納棺夫日記』ではないから、
タイトルも変えて、全く別ものの作品として作ってくれと言ったそうだ。

それで、『おくりびと』となったらしい。

青木さんの話は、己の汚い部分をさらけ出しながら、
「納棺夫」になったいきさつを面白おかしく語ってくれたのだが、
実に深い話だった。

早稲田大学を中退(この理由も結構おもろかったが)後、
店を自分で出し、そこにたまたま来た作家さんに声をかけられ、
小説を書いたところ、賞賛され、作家の道を志した時に、
店が倒産。
妻とケンカをしていてたまたま目にとまった求人欄の会社に
バイトとして行ったら、そこは、富山で初めての葬祭場だった。

最初は客もいなくて、ただ棺桶ばかり作っていて、
棺桶ばかり増えるから、仕事をとってくるってな感じだったようだ。

その当時、自宅死が半数以上(つまり病院ではないってこと)。
死者の身なりを整えるのは、全て親族がしていたそうだ。

人間は死後、色んな穴から色んな液が出てくるらしい。
血が出てきたりよだれが出てきたり・・・
それで親族といえど、汚いものを扱うようにする人もいるし、
あたふたあたふたする人もいる。

そんな時に、何件もその現場を見ている青木さんが、
ちょこっと口を出したら、
「そうやって口を出すならお前も手伝え」って事になり、
手伝ってたら、いつの間にか親族が周りにだーれもいなくなり、
自分1人がやっていた(笑)。

一度それをやったことで、「あそこの葬儀屋は死人の身づくろいをしてくれるらしい」
みたいなウワサが流れ、
いつの間にか青木さんは、それ専門の人になってしまったのだそうだ。

「納棺夫」という言葉は、辞書には載っていない。
周りの人たちが青木さんの事を「納棺夫」と勝手に呼ぶようになったらしい(笑)。

最初は、そうやって汚物や血なんかをふき取ったりしないといけないので、
汚れてもいい格好でやっていたらしい。
そして、自分自身も、その仕事に誇りなど全くもっていなかった。

青木さんは、元々大地主の本家の血を引いていて、
分家の叔父が、なんとか立派に育てようと必死になっていたのだが、
納棺夫をやっているという事を聞きつけ、
「親族の恥」と青木さんをののしり、勘当を言い渡した。
それから、人の目を避けて生活するようになり、
もうこんな職辞めてやると、決意する。

ところが、辞表を出そうと思った日の仕事が、
大学時代の恋人の実家だった。

元カノのお父さんが亡くなられ、
そのご遺体を清めているときに、
そっと傍らに、その元カノがやってきて、
青木さんから滴り落ちる額の汗を何度もふき取ってくれたのだそうだ。
人目もはばからずそういう行動を取った元カノ。
別に青木さんに未練があったとか、そういうのではない。
大好きだったお父さんの遺体を清めるその姿を、
汚いなどとは思っていない、むしろ、その姿を認めてくれる、
感謝している、そういう目だったと、青木さんは言う。

その日から、青木さんは、汚い服をやめ、
上から下まで真っ白な服で仕事をするようになった。

そうすると、周りの目も変わってきた。
蔑んでいた人たちが、逆に崇めるようになってきた。

だが、それでもまだ、差別はあった。
妻が、子供が幼稚園に入る前に辞めてくれと頼んだ。
幼稚園で虐められては困るからだ。

しかしこれを辞めるとくいぶちがない。
そこで、また小説を書いて、かつてお世話になった人に送るが、
「昔は才能があると思ったが、この作品じゃだめだ」と即答。
原稿を全て破り捨てて、作家の道をあきらめる。

さて、納棺夫はどうしようか・・・
常に辞表を持っていて、いつだそうかいつ出そうかと悩んでいる時に、
「親族の恥」と言って勘当された叔父が危篤との知らせを受ける。
(正直「ざまぁみろ」と思ったらしい・・・(笑))

意識不明ということで、罵声を浴びせられる事もないだろうということで
(ひでぇww)、見舞いに行ったところ、
丁度意識を回復したらしい(会場大爆笑)。
しかし叔父は、青木さんの手をにぎり、
「ありがとう」と言ったそうだ。
その時、青木さんの目から涙がとめどなく流れたそうだ。

青木さんが帰ったその日に叔父は亡くなる。

叔父の死をきっかけに、
青木さんは、ご遺体の顔をまじまじと見るようになったそうだ。
これまでも、綺麗にするのだから見ていたのだが、
仕事と思って見ていて、実際のところ、その表情とか考えてみていなかったそうだ。

で、まじまじと見ると、ご遺体は、とても綺麗な顔をしているのだそうだ。

人間、死ぬ時は、本当に安らかないい顔をするらしい。
ほんとか嘘か知らないけれど、
その後に死後硬直が始まるのだが、
死ぬことに悔いを残して死んでいった人は、
形状記憶シャツのように、未練たっぷりの顔に戻っていき、
人生を生き切った人や、死を受け入れた人は、
2日たっても、安らかな綺麗な顔のままなのだそうだ。

その死の直後に出会わせてもらえる納棺夫を誇りに思い、
これからお浄土へ行く人のために、誠心誠意仕事をするようになったそうだ。

かなり長文だが、これでも随分かいつまんでる(爆)。

青木さんの生まれ育った富山県は、
85%が浄土真宗で、仏教=浄土真宗という観念でいて、
青木さん自身も、常に親鸞の思想というものがあったので、
結果、この納棺夫という仕事を最終的に誇りに思えるようになったのだろう。

『おくりびと』を、自分の原作と認めなかったというのが、
映画の舞台が浄土真宗で占められた富山ではなく、真言宗の多い山形だということ
(「南極でパンダは産まれないんですよ。だから舞台が違ってはいけないんですよ」って
おっしゃって大爆笑)、
それゆえ、親鸞の思想が全く反映されていなかったことを理由にあげていた。


このほかにも、すごいいい話をしてくれたのだが、
宗教色濃くなるので、このへんでやめておこう・・・

講演が終わった後、
義姉は休憩時間に購入した青木さんの本に、サインをもらいに行った。

ビンボー人じゃいこは、その本を貸してもらう予定(笑)。


A8ネットの新着でたまたま見つけて、
すぐ食いついた━━━━Σ>゜)))ミ━━━━!!




そりゃぁ、広島人ですけぇ~、食いつきますわ・・・
でも、まだ新しいサイトなんだろうね。
登録しているお店がすくなっ!!!
これはまだまだ他県の方々にお見せするには、
時間がかかるかな?
(じゃいこ音楽教室、載せようか?(ぇ))

まあ、グルメやらなんやらの情報サイトとしては、未熟なんだけど、
ここにあった「広島弁検定」ってのが、まあまあ面白かった。
当然ながら、私は全問正解だったけどねぇ~~(´∀`*)ウフフ
他都道府県の方にとっては、難しい問題なんかなぁ??

皆さんもチャレンジしてみてぇ♪

そうそう、きんさい.com
のトップにある、新着情報に出てる
「なか川」ってお店の麺は、
以前従兄からお中元お歳暮でもらってた事がある。

ウコン麺とか、モロヘイヤ麺とか、なかなかヘルシーっぽい麺が
詰め合わせの中に入ってて、面白かったわぁ~~^^
これを、お蕎麦みたいにつゆにつけて食べるの。
これをお中元にもらうと、お昼が随分と助かってよかったんだけど、
子供らは、モロヘイヤだとかウコンだとか、大嫌いだった・・・(哀ノД`)゚+.゚゚+.゚

詰め合わせの中には、普通のそばもあって、それはすごい美味しかったんだけど、
私が一番好きだったのは、
「辛辛つけ麺広島流」!

広島の「つけ麺」っていうのは、
冷やし中華みたいな麺に、冷たいチャーシューとゆでたまご、
そして、ねぎと、ゆでて冷やしたキャベツがてんこ盛りに乗ってて、
それを、激辛のつゆにつけて食べるのだ。

広島つけ麺の美味さは、この激辛つゆにかかっている。

数年前、広島つけ麺の美味いと評判の店に行って食べたが、
悪いが、わたし的には美味くなかった・・・
辛味ばっかりで味がない~~~!!

ところが、この「なか川」のつゆは美味いのよぉ~~~♪
私好みの味♪
唐辛子の量で辛さは調節できるしね^^

(でも、他のウコン麺とかモロヘイヤ麺とかのつゆは美味しくなかったので、
家でつゆ作ってたわ・・・汗)

これ、大竹市ってとこのお店で、
自分で行くにはちょっとめんどくさい距離にあるので、
わざわざ買いに行こうとは思わなかったが、
お取り寄せができるんだったら、注文してみようかな^^

(ううう、広島弁検定の話だけの予定が・・・・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。